40代の資産運用で老後の生活は雲泥の差!豊かな老後を送る方法とは

社会人になると日々の業務に追われ中々将来の事を考える余裕はありません。

 

ですが、仕事でも中心的な存在となりお金にも余裕が出てくるのが40代ではないでしょうか。

 

活躍する年代だと思いますが、ここで重要なのは老後のことも考えることです。40代をどう過ごすかで老後の生活は大きく変わってきます。

 

お金に困る老後を送るのか、豊かな老後を送るのか、運命を分けるポイントはどこにあるのか解説していきます!

 

「充実」している40代

40代という年齢は、一言で言えば「充実」している年代だと思います。

 

社会人になったばかりのころは目の前の仕事をこなすのに精いっぱいだったり、自分に裁量がないため上から言われたことをこなすだけになってしまいがちです。

 

ですが、40代になれば人を管理する立場になりますし、さらに管理職ではありながらも現場との距離が近く、まさに中心的な立ち位置での仕事になると思います。

 

仕事で充実感を得られるのはすばらしいことなのですが、ここでふと足を止めて将来のこと、すなわち老後のことを考えるかどうかで世界が変わります。

 

一度立ち止まって将来について考えてみましょう。

 

こうき
一度落ち着いて将来について考えてみましょう。今後の生活が大きく変わる分かれ道です。

 

資産運用で必須の2つのポイント

40代から必ず始めるべき資産運用

豊かな老後を過ごすためには、40代からの資産運用が必須です。それはなぜでしょうか?

 

「別に会社を辞めてから資産運用を始めてもいいんでしょ?」

「若ければ若い分だけ資産運用は得するんでしょ?」

 

様々な意見があるかと思いますが、40代からの資産運用がベストな理由を理解するためにはまず資産運用の大きな二つの特徴から見ていきましょう。

 

資産運用には元手が必要

資産運用の大切なポイントの一つ目は、、、

 

ズバリ「元手が必要!」です。

 

資産運用では元手が多ければ多いほど得られる利益も大きくなります。例えば、100万円を10%で運用した場合と1000万円を10%で運用した場合を考えてみましょう。

 

●100万円 × 10% = 10万円の利益
●1000万円 × 10% = 100万円の利益

 

元手が100万円しかなければ10万円の利益にしかならない資産運用も元手が1000万円あれば100万円儲かる資産運用になるのです。

 

1億円の元手であれば1000万円の利益です。元手が多ければ多いほど儲かるのが資産運用なのです。

 

こうき
資産運用では、元手の多さが大きな強みになります!

 

資産運用には時間が必要

二つ目の資産運用の重要なポイントは「時間がかかる」ということです。

 

資産運用では短期間で一気に儲けることは出来ません。短期間で儲けようとするとそれはただのギャンブルになってしまいます。

 

例えば1000万円を年利3%、5%、10%で資産運用したとしましょう。そうするとどうなるでしょうか。

 

3% 5% 10%
1年後 1030万円 1050万円 1100万円
3年後 1093万円 1158万円 1331万円
5年後 1159万円 1276万円 1611万円
10年後 1344万円 1629万円 2594万円
15年後 1558万円 2079万円 4177万円
20年後 1806万円 2653万円 6727万円

 

資産運用とは1年や2年で成果が出るものではありません。ですが、10年、20年とやっていくとその効果は絶大です。

 

仮に年間3%の運用実績だったとしても1806万円と2倍近くに増えています。もし1000万円を10%で資産運用できれば、20年後には6727万円と非常に大きな財産になるのです。

 

資産運用における時間の効果は絶大なのです!!

 

なぜ40代が資産運用を始めるベストなタイミングなのか

そして、これらのを条件をちょうどよく満たすのが40代なのです。

 

若すぎれば資産運用をするための元手がありません。100万円、200万円で資産運用を始めてもあまり意味がありません。

 

趣味としてはいいかもしれませんが資産形成としては不十分です。小額から無理して始めるより、貯蓄ができて1000万円ほどをまとめて資産運用に回せる状態になってからやるのが効率的です。

 

また、あまり年を取ってからだと運用するための時間が足りません。仮に仕事を引退した60歳から始めたとすると20年後には80歳です。

 

それよりも、40代から運用を始めて、20年資産運用し終わったころにちょうど定年を迎えるというのが良いでしょう。

 

資産運用に必要な要素を考えると、やはり40代から始めるのがベストなのです!

 

こうき
資産運用の元手もあって、始めるタイミング的にもベストなのが40代なのです!

 

老後を豊かにする40代からの資産運用とは

40代におすすめな資産運用はヘッジファンド

それでは実際にはどのように資産運用を始めればいいのでしょうか。

 

資産運用を始める40代に圧倒的におすすめなのはヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドとは元々欧米の富裕層向けのサービスで、資産を増やすためのプロフェッショナル集団です。

 

まさに運用のプロと言えるヘッジファンドが近年日本でも登場してきました。

 

40代にヘッジファンドがおすすめな理由

40代にヘッジファンドがピッタリな理由は3つあります。

 

  1. ヘッジファンドは資産を増やすことに特化している
  2. 完全にお任せで運用できるので仕事が忙しい40代でも大丈夫
  3. 最低出資金額が1000万円とハードルが高いが問題なく出資できる

 

1ヘッジファンドは資産を増やすことに特化しています。どんな相場でも利益を追求してくれますので老後の資産形成に期待できます。

2ヘッジファンドでは資産を預けた後、特に投資家がする事はありません。完全お任せになりますので仕事が忙しい人にうってつけです。

3ヘッジファンドはとても良いサービスなのですが、最低出資金額が1000万円と出資時のハードルがあります。ですが、40代で資産に余裕ができてくればこのハードルも超えることができます。

 

40代になったら間違いなく資産運用を始めるべきです。そして、その方法はヘッジファンドが間違いないのです。

 

こうき
40代になったらヘッジファンドで資産運用を始めましょう。輝かしい老後ライフを送れることでしょう。

 

まとめ

  • 資産運用を始めるなら1000万円程度の元手があった方が良い
  • 資産運用には運用する時間も必要
  • 40代から資産運用を始めるのがベストなタイミング

 

今回は資産運用を始めるなら40代がベストな理由について解説しました。資産運用をやるかやらないかで老後の生活が大きく変わってきます。

 

少しでも迷ったら資産運用を始めてみる事を圧倒的におすすめします!

 

個別のヘッジファンドについては下記のランキングで紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。