預金大好き日本人!世界との資産比較で見えてきた危険性とは

日本人はまじめできちんと稼いだお金を貯金していると言われています。

一方、アメリカ人は全然貯金をしていなくて将来は大丈夫なのか不真面目だと言われる事もあります。

 

世界それぞれの国でお金事情はどうなっているのでしょうか。

その実態を解説していきます。

 

日本、米国、ヨーロッパでの比較

(出典:http://www.garbagenews.net/archives/2067203.html)

 

こちらが

  • 日本
  • 米国
  • ヨーロッパ

での資産構成比較になります。

 

それぞれの国や地域の特徴を見ていきましょう。

 

日本は現金・預金が多く株などリスク性資産が少ない

現金・預金は元本保証の資産です。増える事もありませんが減る事もありません。

一方で、債券・投資信託・株式・出資金はリスク性資産です。

 

上手くいけば利益が出ますが損失が発生することもあります。

 

日本人の資産構成に注目してみましょう。

 

  • 現金・預金 52.5%
  • 債券・投資信託・株式・出資金 16.2%

 

実に半分以上が元本保証の資産で占められている事が分かります。

これが、日本人が預金好きと言われる所以ですね。

 

一方で、リスク性資産は16.2%と他国と比較しても非常に低い水準となっています。

日本人には自分で運用して資産を増やすという意識があまりない事が分かります。

 

アメリカは現金・預金が少なく株などリスク性資産が多い

一方、アメリカ人の資産構成はどうなっているでしょうか。

 

  • 現金・預金 13.1%
  • 債券・投資信託・株式・出資金 53.9%

 

先程とは打って変わってリスク性資産が50%以上を占めています。

 

投資によって自分自身で資産形成をしていくんだという意識がすごく高い事が分かります。

 

アメリカ人が預金をあまりしないのは事実です。

しかし、それは不真面目だからではなく投資に重点を置いているからなのです。

 

ヨーロッパは日本と米国の中間

最後にヨーロッパについて見ていきましょう。

 

  • 現金・預金 33.0%
  • 債券・投資信託・株式・出資金 31.3%

 

現金・預金とリスク性資産はどちらも30%ほどになっています。

ヨーロッパではどちらかに偏っている訳ではなく、両方とも同じくらいだという事が分かります。

 

日本と米国の中間と言ってもいいでしょう。

いずれにせよ、日本とアメリカはそれぞれ際立った特徴を持っているのです。

 

なぜ日本人は預金が大好きなのか?

日本は戦後の復興の後、高度経済成長を迎えました。

高度経済成長の時代にサラリーマンとして雇われる人が増えました。

 

そこで、定年まで会社に尽くして勤め上げ、老後は年金で悠々と暮らすというロールモデルが出来上がったのです。

 

その暮らしでは定年までにある程度の預金をしておけば生活に困る事はありません。

 

しかし、時代は変わり現状ではそれが成り立たなくなってきたのです。

 

実は危険性をはらむ預金への資産一極集中

年金受給年齢の引き上げ

果たして年金はきちんと払われるのでしょうか?

現在、お勤めの方の不安はこの点に尽きると思います。

 

もちろん、全く払われないことはないでしょうが今までのように十分な年金はもらえないでしょう。

さらに、少子高齢化は進みますので事態はどんどん悪化していきます。

 

年金受給開始年齢も以前は60歳からだったのがすでに65歳に引き上げられています。

 

年金に頼れる時代は終わりました。これからの日本は自分自身で老後の資産形成をしなければいけない時代なのです。

 

インフレによる預金の目減り

預金の大きな弱点は他にもあります。

それはインフレです。

 

インフレと言うのはお金の価値が下がり物価が上がっていく事です。

 

預金は元本保証ですから預金の額面自体は変わらないでしょう。

しかし、物価がどんどん上がっていくため実質的な価値は下がってしまうのです。

 

例えば、郵便はがきは1970年には7円でした。

しかし、2019年10月からは63円になります。

 

その価格上率は何と9倍です。

 

逆に言えば預金の実質的な価値が1/9になってしまうことを意味しているのです。

 

年金以外の収入源を持つことの精神的意義

預金だけではなく、収入源を持つことは精神的にもプラスに寄与します。

 

年金と預金で生きていく生活は、精神的に負担になります。

 

仮に年金で受け取る以上のお金を使おうと思うと、預金は減る一方だからです。

 

せっかくの老後をネガティブな気持ちで暮らしたくないですよね?

 

やはり、年金以外の収入源を持つことは必須だと言えます。

 

もちろんそれはどんな形で実現してもいいのですが、まだ働いていて収入があるうちに、資産を形成する・運用する経験を積んでおくのは非常に有効な手段です。

 

資産運用を全くしたことが無い方は、将来のためにも一度真剣に検討することをおすすめします。