資産運用をするなら株式投資が絶対におすすめな11の理由

こうき
資産運用をするなら株式投資が圧倒的に群を抜いて優れています!その11の理由を解説します!

 

世の中には色々な金融資産があります。株、不動産、債券、金・・・

 

資産運用をこれから始めるという人は何に投資をすればいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

 

ですが、迷う必要はありません。なぜなら、株式投資が圧倒的に優れているからです。

 

資産運用をするなら株式投資が絶対におすすめな11の理由を解説します。

 

資産運用で大切なものは「オフェンス力」と「ディフェンス力」

「オフェンス力」とはリターンを得る力

資産運用で大切なものは何でしょうか?

 

それは「オフェンス力」と「ディフェンス力」です。

 

「オフェンス力」とは、リターンを得る力です。要は、投資によってどれだけの利益を上げられるかという事です。

 

株式投資は、この利益を上げる力が非常に高いです。

 

「ディフェンス力」とは損失を抑える力

一方、「ディフェンス力」とは損失を抑える力です。

 

もし不測の事態があった時に、損失をどのようにコントロールできるかも非常に大切な要素です。

 

株式投資はこの「ディフェンス力」もとても高いのです。

 

「オフェンス力」、「ディフェンス力」ともに高い水準にあるのが株式投資が絶対におすすめな理由です。

 

それでは、具体的に株式が圧倒的に優れている11のポイントを見ていきましょう。

 

①株式はとても儲かる!4年で156倍!

例えば、不動産であればめちゃくちゃ利回りが高い物件でも年利10%ほどです。

 

買った値段と同額で物件が売れると単純に考えても、不動産は10年後にようやく2倍になる計算です。

 

一方、株式投資は利益を上げる力が非常に高いです。とっても儲かるのです。

 

みなさま「J!NS」のPCメガネをご存知でしょうか。そうです、あのブルーライトをカットするやつですね。

 

ジンズホールディングスの株価は2009年から4年後の2013年までに、なんと156倍もの成長を遂げました!

 

驚愕の数字ですね。100倍を超える株はこれ以外にもありますし、10倍になる株なんてごろごろあります。

 

株価には上限がなく、青天井です。上がり続けるときは上がり続ける。

 

だからこそ、株式投資はとっても儲かるのです。

 

②短期投資でも儲けることが出来る

不動産投資であれば年間の利回りは決まっていますので、大きな利益を出そうと思うと長年保有し続ける必要があります。

 

債券もそうですね。満期まで持たなければいけないので、5年や10年といった期間を保有し続けなければいけません。

 

ですが、株式は違います。

 

デイトレーダーが存在するように1日の取引で儲けることも出来ます。

 

さきほどの156倍という驚愕の取引でも要した時間はわずかに4年です。

 

短期間でも大きく儲けられるというのは、株式投資特有の大きな魅力です。

 

③長期投資でも儲ける事ができる

では、短期投資しかできないかというとそんな事はありません。

 

長期がよければそちらを選択することもできるのです。

 

かの有名な世界長者番付に入る投資家、ウォーレン・バフェット。

 

彼は一度購入した株式を売却せず保有し続ける事で有名です。株式の超長期投資によって世界長者番付第2位まで上り詰めたのです。

 

ウォーレン・バフェットにより、株式は長期投資でも儲かるという事が証明されています。

 

④配当金でも儲ける事が出来る

金投資であれば、金を購入した後に金の価格が上がるしか儲かる方法はありません。

 

しかし、株式投資では仮に株価が変わらなかったとしても儲けることが出来るのです。

 

なぜなら、企業から配当金が出るからです。

 

企業は業績に応じて株主に配当金を出します。これによって仮に株価が変わらなかったとしても利益を上げられるのです。

 

利益を上げる方法が、株価の上昇に加えて配当金もあるというのが株式投資の非常に大きな強みです。

 

⑤すぐ売買できるので利益を逃すことが無い

不動産投資では、不動産を売却しようと思ってもすぐ売れるものではありません。

 

買い手がなかなか見つからず、1年かかったなんていうのは良くある話です。

 

一方、株式投資では、ボタンをクリックするだけで売買することが出来ます。これだけ高額な商品なのに、まさに1秒ですんでしまいます。

 

売りたいときにすぐ売れる。思い立ったらすぐ売買できるので、株式投資では利益を逃すことがないのです。

 

⑥投資スキル次第で利益を上げ続けることが出来る

絵画や陶器などの美術品はどれがお宝かと言われても中々分からないですよね?

 

難しすぎるがゆえに、専門家の人でも贋作にだまされて損をしてしまったなんていう話はよく聞きます。

 

一方、株式には株価という客観的な値段がついています。さらに、会社の財務情報というのもきちんと一定のルールのもとに開示されています。

 

読み方を勉強すれば、会社の経営情報は丸裸になる訳です。

 

つまり、きちんと投資に必要なスキルを磨けば将来有望なお宝株を発掘することが出来るのです。

 

勉強すれば安定した利益を上げ続けられる。これは、株式投資の素晴らしい点です。

 

⑦取引コストがめちゃくちゃ安い

不動産だと取引コストは高いです。諸々のコストを合わせてだいたい10%くらいかかってしまいます。

 

1億円の物件を買おうと思ったら、1,000万円です。高級車が買えてしまうとんでもない高額ですね。

 

一方、株式投資の取引コストはめちゃくちゃ安いです。

 

仮に1億円分の取引をしようと思っても、1,000円ですんでしまいます。ランチ代くらいでしょうか。

 

株式投資では、コストがめちゃくちゃ安いので気にせず取引することが出来るのです。

 

⑧ディフェンス力も高い

不動産投資では、空室が出てしまうと月々の収支がマイナスになってしまいます。

 

ローンの返済を止めるわけにはいきませんから、月々固定の損失が発生してしまいます。

 

一方、株式投資は「ディフェンス力」も高いです。

 

仮に株価が下がったとしても売却するまで損失は確定しません。再び値上がりするまで保有し続ければよいのです。

 

これも自由なタイミングで売買できる株式投資だからこそ成せるワザです。

 

「オフェンス力」だけでなく、株式投資の「ディフェンス力」の高さも十分に生かしていきましょう。

 

⑨何があっても投資した金額以上は損しない

不動産投資では、借入をしてマンションやアパートなどの物件を購入します。

 

投資が上手くいかないと、自分が元手として用意していた何倍もの負債を背負う事になってしまいます。

 

いわゆる借金地獄。とても怖いですね。

 

一方、株式投資であればどんなに不運が重なったとしても、出資した金額以上を損することはありません。あなたの生活は守られるのです。

 

あくまで日々の生活とは切り離した状態で、資産運用が出来るのが株式投資の良い点です。

 

⑩上場銘柄数は3,500社ほどと適切な銘柄数

不動産投資であれば物件の数は、住宅だけでも6,000万戸以上あると言われています。これにオフィスも加えたら果てしない数ですね。

 

これだけの数の物件を精査するのは人間には不可能です。

 

一方、株式であれば上場銘柄数は3,500社ほどです。

 

一般の方が自身で調べるとなると中々大変かもしれませんが、投資のプロであれば精査可能です。

 

逆にこれが10個とか20個とか少なすぎると誰でも調べられてしまうので、お宝株が全員にばれてしまいます。

 

株式の銘柄数は、普通の人には難しいけどプロならお宝株を見つけられる、まさにちょうどいい塩梅となっているのです。

 

⑪企業の経済活動を活発化し日本経済の促進にもつながる

株式投資は単純に株価の上下だけが目的ではありません。

 

株式は多く保有すると、経営陣に対して意見をいう事が出来るようになります。

 

株主が多種多様な意見提案をおこなうことで、ますます企業の経済活動が活発化し日本企業全体の発展につながるのです。

 

株式投資には、利益を上げるという効果に加えて、日本の経済活動を活発化する効果まであるのです。

 

まとめ

株式投資はメリットだらけです。どういった資産に投資するか悩んでいる方は迷わず株式を選ぶようにしましょう。

 

もし株式投資を始めたけど失敗してしまったとか、自分で株式投資をするのはちょっと自信ないという方は、プロに任せるという選択肢もあります。

 

関連記事

こうき 株式投資は儲からない?全くそんなことはありません!投資家がハマりがちな3つのワナを解説します!   株式投資を始めてみたけれど。利益が出ないどころか損が出てしまっている。   […]

 

そういった方向けの商品も世の中にはたくさんありますので心配する必要はないです。

 

自分自身にあった資産運用を目指してみて下さい。