誰でもできる!資産運用で着実に利回り5%を達成する方法とは

こうき
少なく見えるかもしれませんが利回り5%は十分な数字です。利回り5%あれば資産はグングン増えていきます!

 

資産運用に取り組んでいくうえで大切なことは「いったいどれくらいの利回りを目指せばいいのか?」ということです。

 

その一つの目安となるのが「利回り5%」です。

 

利回り5%はリスクをきちんと管理して資産運用すれば十分実現できる目標ですし、決して小さい数字ではありません。

 

利回り5%を達成することができれば、資産はものすごい勢いで増えていきます。

 

今回は誰でも実現可能な利回り5%を達成する資産運用の方法について解説します。

 

資産運用で大切な2つの要素

「利回り」と「時間」

資産運用の成果を考えるにあたって重要な要素は2つあります。それは「利回り」と「時間」です。

 

「利回り」はどれくらいの割合で資産を増やしていくかに関わってきます。利回り5%だったら毎年資産が5%ずつ増えていくわけですね。

 

そして、もう一つ重要なのが「時間」です。

 

どれくらいの期間をかけて資産運用していくかということです。

 

資産運用を1年しかできないのか、5年できるのか、10年できるのか、30年できるのか、この期間によって資産運用の効果は恐ろしいほど変わってきます。

 

資産運用では長い期間運用できる方が圧倒的に効果が出ます。つまり、出来るだけ若いうちに始めることで資産運用の恩恵を最大限享受できるのです。

 

利回り5%でもこんなに増える

驚愕の複利の効果

実際に「時間」の効果を見てみましょう。こちらは1000万円を利回り5%で30年間運用した時の資産額の推移です。

 

時間 資産額
1年後 1050万円
2年後 1103万円
3年後 1158万円
5年後 1276万円
10年後 1629万円
20年後 2653万円
30年後 4322万円

 

資産運用をする前は1000万円だった資産額が利回り5%で資産運用することで4322万円まで増えています。

 

その差額は3322万円です。家が1件買えてしまう値段ですね。資産運用をしないと家1件分のお金を損してしまうのです。

 

こうき
利回り5%でも1000万円が4322万円まで増えていきます。資産運用には夢がありますね!

 

利回り5%を目指した失敗例

失敗例に学ぼう

利回り5%が十分高い数字であることはわかりました。その分、達成するのも簡単ではありません。

 

利回り5%を目指して資産運用した結果、失敗してしまう人も数多くいます。

 

失敗例に学び、同じ投資手法は選ばないようにしましょう。

 

不動産投資で失敗

一つ目は不動産投資です。

 

利回り5%で運用しようと思うと、不動産がちょうどいいと考える人も多いでしょう。確かに不動産業者が提示する利回りを見ると5%を超えているものが多くあります。

 

ですが、不動産業者の出す利回りは信じてはいけません。表面利回りはまず実現しません。

 

利益が出ないどころかマイナス運用になってしまう物件も数多くあります。

 

これから日本の人口が減っていくことを考えると、不動産投資は厳しい資産運用だと言わざるを得ません。

 

部屋の借り手がつかず借金だけが残った。なんてことにならないよう不動産投資は選ばないようにしましょう。

 

自分自身で株式投資を行う

株式投資で失敗する初心者も数多くいます。

 

自分が知っている会社だから、よく使う商品の会社だから、こういったあいまいな理由で銘柄を選定すると大抵失敗します。

 

テレビで言っていたから、雑誌がおすすめしてたから、偉い人がツイッターで言ってたから、こういったのもよくある失敗例ですね。彼らにとっては、カモ以外の何物でもありません。

 

株式投資は大変優秀な資産運用の手段ではありますが難易度が高いです。初心者が軽い気持ちで手を出すと失敗します。気を付けましょう。

 

利回り5%を達成する方法

投資信託で運用する

それでは、利回り5%を達成するにはどのような方法があるのでしょうか。

 

一つ目の方法は投資信託です。投資信託であれば運用手法は業者に任せることができます。自分であれこれ考える必要はありません。

 

資産運用をするなら、その道のプロに任せるという考え方が良いでしょう。自分で頑張って運用するよりも詳しい人を上手く頼った方が運用成果は期待できるのです。

 

そういった意味では投資信託は評価できます。投資金額も1万円からできますので誰でも投資することができます。

 

ワンランク上のヘッジファンド

投資信託もプロに頼るという考え方は悪くないのですが内容はお粗末なものが多いです。

 

あくまで試しに資産運用したい人向けの商品となっています。

 

きちんと資産運用したいのであればヘッジファンドがおすすめです。ヘッジファンドは富裕層向けの資産運用サービスとなっています。

 

その分、最低出資金額は1000万円程度からと非常にハードルは高いのですが、運用成果には期待できます。

 

ヘッジファンドであれば着実に利回り5%を達成できることでしょう。ヘッジファンドに関する記事は別記事にも記載してますので気になる方はチェックしてみて下さい。

 

ヘッジファンド関連の記事はコチラ

 

利回り5%を達成して着実に資産を増やしていく。これをやることで家を買える買えないかが変わってくるのです。

 

将来、後悔しないように早め早めに資産運用の計画を立てるようにしましょう。