個人投資家はなぜ投資で失敗するのか?負けてしまう必然の理由とは

こうき
個人投資家はなぜいつも負けてしまうのでしょうか?・・・その理由を解説していきます!

 

個人投資家の9割は投資で負けていると言われています。

 

投資で儲けるのは金融業界で働いているプロばかりです。もちろん仕事としてやっている人と個人で投資してる人で差が出るの当たり前でしょう。

 

ですが、ここまで圧倒的な差になるのはなぜなんでしょうか。

 

実はそこには理由があるのです。個人投資家が、偶然ではなく必然的に負ける理由を解説します。

 

投資のプロはどうやって勝つのか

ハイレベルな知識や分析力は言うまでもない

まず、投資のプロがどうやって投資で勝っているかを確認しましょう。

 

彼らは仕事として毎日朝から晩まで投資に向き合っています。投資にかけている時間や情熱はまるで違います。

 

結果として、運用に関する知識、投資対象の分析力などスキル面で大きく実力は異なってくるでしょう。

 

プロには投資のプランがある

ただし、そういった知識や投資スキルに大きな差があるのは承知の上です。

 

もっと大事な違いは別にあります。それは投資のプランがあるかどうかです。

 

少し分かりにくいかもしれませんが、実際に売買をする前から、「いくらになったら買っていくらになったら売る」というように細かく決めておくのが投資プランです。

 

つまり、投資のプロは明確なルールに基づいて売買の意志決定をするのです。

 

確かな投資プランをもっていること。これが投資のプロと個人投資家を分ける大きな違いとなっています。

 

個人投資家はなんとなく投資をする

投資プランを持たない個人投資家

一方、個人投資家ははっきりとした投資プランを持っていません。

 

投資についてのルールを決めてないといってもいいですね。本来であれば、次のような事項を決めておく必要があります。

 

  • 株価がいくらになったら買うのか
  • なぜその株価に設定したのか
  • 株式を売却する価格
  • 自分の想定とは異なった方向に推移した時の対処
  • 損切り価格
  • 等々・・・

 

しかし、個人投資家はこういったルールをまるで決めずにとりあえず株式を購入してしまいます。

 

言ってしまえば、個人投資家は何となく投資を行っているわけです。

 

良くも悪くも自分で好き勝手にやれてしまう

プロとして仕事してやっていれば何となくの投資は許されませんし、組織で投資を行っているのでルール的にもできません。

 

仕事の株式投資で、社内ルールを無視して売買することはできないからです。

 

しかし、個人投資家は自分の判断のみで売買できてしまいます。誰かにお伺いを立てる必要もありません。

 

良くも悪くも個人投資家は自分の思い通りに好き勝手に売買ができしまうのです。

 

なぜ個人投資家は必然的に負けるのか

人間の本能に従うと投資は負ける

では、なぜ個人投資家は必然的に負けてしまうのでしょうか。

 

それは、好き勝手に投資できるため、人間が持つ本能に支配されてしまうからです。

 

強い理性で人間の本能に逆らえる人しか投資で勝つチャンスはないのです。

 

人間が抗えない「プロスペクト理論」

投資で負けてしまう人間の本能には「プロスペクト理論」と呼ばれるものがあります。

 

プロスペクト理論とは、簡単にいうと100万円を手に入れるよりも100万円を失う方がつらいという理論です。

 

同じ金額であったとしても、プラスの話なのかマイナスの話なのかで感じる喜びやつらさが変わってくるのです。

 

ギャンブルで損失が出た時に、それを取り戻そうとしてより多くの損失を出してしまう。これも損失をどうしても避けたいという人間の本能「プロスペクト理論」によるものなのです。

 

利益が少しで損失が大きい結果に

では、プロスペクト理論による人間の本能があると投資行動はどうなってしまうのでしょうか。

 

例えば、株を買って株価が上昇した時、すぐに利益を確定したくなります。

 

プラスのお金は確かなものに変えたいのです。結果として、利益は小額となってしまいます。

 

一方で、買った株が下落した時、損失を確定するのはつらいですから中々売ることができません。

 

そうして、株価がどんどん下がっていっても売ることができずに塩漬けとなってしまうのです。

 

本能に支配された投資は一生負け続ける

利益を出すときは小額。損失を出すときは大きい。

 

こういった投資手法では何年投資に取り組んだところで勝てません。一生負け続けてしまうでしょう。

 

プロスペクト理論。この人間の本能に上手く対処しないと投資で勝つことはできないのです。

 

関連記事

こうき 株式投資は儲からない?全くそんなことはありません!投資家がハマりがちな3つのワナを解説します!   株式投資を始めてみたけれど。利益が出ないどころか損が出てしまっている。   […]

 

投資で勝つための方法とは

プロと同じようにルールを決める

それでは、投資で勝つためにはどうすればいいのでしょうか。

 

人間の本能そのものを変えることはできません。ですから、株を保有する前に細かいルールを決めておくのです。

 

株を買ったあとに株価が上下してどんな気持ちになろうとも、事前に決めておいたルールに従って売買を行う。これが投資で勝つための方法です。

 

投資は買ってからではなく、買う前の準備が一番大切です。事前の投資プラン作成に全力を尽くすようにしましょう。

 

自分でやるのが難しければプロに任せよう

自分自身で実行するのは難しいという方は、プロに任せるというのも有効な選択です。

 

自分で自分自身を律するのは簡単なことではありません。投資プランの作成も個人投資家の方には難しいでしょう。

 

そこで、投資のプロに資産を預けておまかせで資産運用してもらうのです。

 

以前はこういったサービスもなかなかありませんでしたが、近年では充実してきました。

 

とくに最近注目されているのはヘッジファンドです。プロに運用を任せたいという方はヘッジファンドを検討するのが良いでしょう。

 

人間の本能はなくそうと思ってもなくせるものではありません。上手い付き合い方を探してみて下さい。