5000万円を堅実に資産運用して早期リタイアを実現するポートフォリオとは

 

5000万円という資産ができたとき早期リタイアまであと一歩です。誰でもできる方法があります!

 

何かのきっかけで5000万円という大金が手に入ったら・・・遺産を相続した、不動産を売却した、宝くじが当たった、海外赴任で貯金がたまった。

 

悠々自適な生活を送るためにどのように資産運用していけばいいのでしょうか。アーリーリタイアを実現するおすすめのポートフォリオについて解説します。

 

こうき
まとまった資金ができた時こそ資産運用が有効です。

 

資産運用をしないとアーリーリタイアは不可能

貯金だけでは生きていけない

アーリーリタイアを実現するためには資産運用は不可欠です。

 

もし貯金を切り崩して生活するとしたらどれくらいのお金が必要なのでしょうか。

 

仮に月25万円の支出、それに加えて大きなイベント(海外旅行やケガ・病気の治療費、冠婚葬祭など)で100万円かかるとします。

 

年間の支出額は、25万円×12ヶ月+100万円=400万円です。

 

40歳で仕事をやめて65歳までの25年間を貯金で過ごそうと思うと、400万円×25年=1億円の貯金が必要になります。

 

5000万円では全然足りないのが現実なのです。

 

こうき
貯金だけでアーリーリタイアするのは無理があると言えます。

 

資産運用の驚きの効果

貯金を切り崩すのではなく、貯金を元手にして資産運用することでアーリーリタイアはぐっと現実的になります。

 

5000万円を資産運用すると年間どれだけの利回りが出るのでしょうか。運用利回り別に見てみましょう。

 

運用利回り 1年目の利益 10年後の資産(複利運用)
1% 50万円 5525万円
3% 150万円 6720万円
5% 250万円 8145万円
7% 350万円 9835万円
10% 500万円 1億2970万円

 

資産運用することで年間50万円~500万円の配当益が得られることが分かります。

 

仮に年間10%で資産運用すれば毎年500万円の利益が出ますので、働かなくても生活することができます。

 

ただし、年間10%の利回りを維持するのは簡単ではありません。まずは5%の利回りで10年間資産運用しましょう。

 

そうすると5000万円が8145万円に増える計算です。この8145万円を元手に5%で資産運用すれば、毎年407万円の利益になりますので年間の生活費400万円を賄うことができます。

 

5000万円の資産は年間5%以上の利回りで資産運用することを目指しましょう。

 

こうき
利回り5%以上で資産運用すれば夢のアーリーリタイアが見えてきますね!

 

利回り5%以上を達成する一番おすすめのポートフォリオとは

ヘッジファンドで5000万円を運用する

それでは、資産運用で5%以上の利回りを実現するためにはどのような資産運用をしていけばいいのでしょうか。

 

資産運用の上級者であればいくつも選択肢があると思いますが、初心者であれば選択肢は一つです。

 

ヘッジファンドで5000万円を運用する。これがベストな選択肢です。

 

ヘッジファンドであれば年間利回り5%~10%ほどを狙えます。年間250万円~500万円の配当益が期待できますし、長期的に見て安定した運用も実現できるでしょう。

 

こうき
初心者の方であればヘッジファンドで資産運用するのが一番良いと思います!

 

なぜヘッジファンドがすごいのか

富裕層のための資産運用

ヘッジファンドはもともと富裕層のお金を資産運用する専門家として誕生しました。

 

そのため、ヘッジファンドは大金を資産運用して増やすことにとても大きな強みを持っています。

 

ヘッジファンドは富裕層のためのサービスであるため最低出資金額が設けられており、欧米では1億円以上が普通となっています。

 

日本ではそのハードルがやや低く1000万円以上で資産運用できる会社が多くなっています。

 

5000万円の元手があれば間違いなく資産運用することは可能でしょう。5000万円という資金があるからこそヘッジファンドを選べるのです。

 

ヘッジファンドには利回り10%を期待!?

それではこれまでのヘッジファンドの運用成績を見てみましょう。こちらは、2019年の世界のヘッジファンド上位5位です。

 

ヘッジファンド上位5社 利回り
MUIRFIELD GSE PARTNERS 45.86%
MARSHALL WACE UCITS FUNDS PLC-MW TOPS CHINA SHARE UCITS FUND 41.16%
GOLDEN CHINA FUND NR CLASS 30.86%
PERSHING SQUARE INTL. LTD 30.40%
QUANTEDGE GLOBAL FUND 27.58%

(出典:https://distressions.com/wp-content/uploads/2019/05/HSBC-HedgeWeekly2019_No15.USA_.pdf)

 

1位と2位のヘッジファンドは利回り40%を超え、3位と4位でも利回り30%を超えています。恐ろしい利回りですね。

 

日本のヘッジファンドでも、良いファンドであれば10%ほどの利回りが期待できます。

 

利回り10%を超える高い運用成績は、とてもではないですが初心者で達成できる数字ではありません。普通の人は自分で資産運用をするとプラスどころか損失を大きく出してしまうだけです。

 

ヘッジファンドに預けることでプロと変わらない資産運用を実現できるのですから間違いなくヘッジファンドに預けた方が良いのです。

 

こうき
個別の日本のヘッジファンドは下記のランキングで紹介してますので参考にしてみて下さい!