退職金を資産運用するなら!ヘッジファンドが絶対におすすめな5つの理由

こうき
退職金を資産運用するならヘッジファンドが絶対におすすめです!その5つの理由をご紹介します!

 

会社に勤めて退職をすると、退職金がもらえます。

 

長年勤めていた方は2000万円~4000万円くらいの金額に上ることも珍しくないでしょう。

 

一度にまとまった金額が手に入りますので資産運用を考える方も多いかと思います。

 

退職金はどのように資産運用するのが一番良いのでしょうか。

 

結論としては絶対にヘッジファンドがおすすめです。その5つの理由を解説していきます。

 

退職金はプロに任せて運用した方が良い

いきなり自分で資産運用すると失敗する

これまで会社勤めをしていた方がいきなり資産運用をしようと思っても、なかなか難しいものです。

 

初心者の方が退職金を自分で資産運用するとまず間違いなく失敗してしまいます。

 

2,000万円あった退職金が、資産運用で失敗して500万円になってしまったらいやですよね?

 

資産運用は強い味方でもありますが、やり方を間違えると痛い目を見ます。

 

安易に自分で運用を始めないようにしましょう。

 

ヘッジファンドは資産運用のプロフェッショナル

一方、ヘッジファンドは資産運用のプロフェッショナルです。

 

ヘッジファンドは投資家の方から資産を預かって運用することを専門にしていますので、高い利回りが期待できるでしょう。

 

間違いなく初心者の方が自分でやるよりも高い利回りが期待できます。

 

初心者であってもハイクオリティな資産運用を実践できるのがヘッジファンドなのです。

 

関連記事

資産運用を始めようと思っても、選択肢がありすぎて困ってしまう人も多いと思います。 株や不動産、投資信託、その種類は数多くあります。   そんな中でこれから間違いなく流行るのが「ヘッジファンド」での資産運用です。 […]

 

退職金の資産運用は安定性が大事

仕事を引退すると収入も減る

退職金は仕事を辞める時にもらえる慰労金です。

 

一般的には、退職した方は仕事を辞めるので収入が減る人がほとんどです。

 

そうなると退職金の資産運用で大切になってくるのは安定性です。無理して大きな儲けを狙うのではなく、コツコツと安定的に運用しながら増やしていく方法が良いでしょう。

 

レバレッジをかけていないヘッジファンドを選ぼう

そうすると資産運用の方法としてはヘッジファンドが一番あっています。

 

もちろんヘッジファンドにも色々な種類があります。

 

中にはレバレッジをかけて大儲けを狙うようなヘッジファンドもありますが、そういったところは避けましょう。

 

レバレッジをかけていないヘッジファンドを選べば、安定して増やしていく資産運用が実現できるでしょう。

 

第二の人生を満喫できる

ヘッジファンドに任せれば自分は何もしないで大丈夫

ヘッジファンドに資産運用を任せれば投資家は何もする必要がありません。

 

完全にお任せで資産運用できますので、余った時間を自分の好きなように使えます。

 

会社を退職して、これから第二の人生を歩もうという方にはピッタリの方法になっています。

 

退職後に投資という仕事が生まれたら本末転倒

投資は自分でやろうと思ったらどうしても膨大な時間が必要になってきます。

 

投資を第2の人生の生きがいにしていきたいという方は別として、資産運用で忙しくなってしまっては本末転倒ですよね。

 

資産運用はヘッジファンドに任せて、自分は第2の人生を全力で満喫するのが賢い方法だと言えます。

 

長期間の運用で効果を最大化

退職金は長期の資産運用に回せる資金

退職金がないと生活できないという人はいないでしょう。

 

日常の生活費は年金などで賄うはずです。退職金はいざという時の備えですよね。

 

退職金には、長い期間にわたって資産運用に回せるというメリットがあるのです。

 

ヘッジファンドは長期間の運用で最も効果を発揮する

ヘッジファンドは長期間の運用で最も効果を発揮します。

 

そもそも、ヘッジファンドに限らず資産運用は長期間でおこなうのが基本です。

 

短期間で運用しようとすると、どうしてもギャンブル性が高くなってしまうのです。

 

長いあいだ資産運用に回せる退職金は、ヘッジファンドで運用することでその運用効果を最大限ひきだすのがいいでしょう。

 

退職金はまとまった金額なのでヘッジファンドが選べる

ヘッジファンドの最低出資金額は1,000万円

ヘッジファンドには最低出資金額があります。

 

アメリカのヘッジファンドではミリオンダラー、だいたい1億円程度が最低ラインです。

 

すごく高い設定ですよね。そう、ヘッジファンドは富裕層向けのサービスなのです。

 

日本のヘッジファンドでは1,000万円から募集しているところが多いですね。

 

アメリカと比べると大分低いですが、それでも1,000万円です。ハードルはなかなか高いと言えるでしょう。

 

まとまった金額の退職金だからこそヘッジファンドで運用できる

ヘッジファンドでの運用はある程度まとまった金額でないと受け付けてもらえませんが、退職金であればそれをクリアすることができます。

 

新卒から勤め上げれば、だいたい2,000万円程の退職金がもらえるでしょう。

 

2,000万円あれば半分を資産運用に回したとしても1,000万円です。

 

1,000万円あれば、ヘッジファンドへの出資ハードルをしっかりとクリアすることができます。

 

まとめ

これまで見てきたように退職金の運用はヘッジファンドがおすすめです。

 

5つの理由はこちらでしたね。

 

  1. 資産運用のプロに代わりに運用してもらえる
  2. 安定性が高い運用を実現できる
  3. 何もしなくていいので第2の人生を満喫できる
  4. 長期間の運用で効果を最大限発揮できる
  5. 退職金であれば1,000万円の出資ハードルをクリアできる

 

これから資産運用を検討する人は、ぜひヘッジファンドについて詳しく調べてみて下さい。