絶対に後悔しない8000万円の資産運用!8000万円だから選べる方法とは

8000万円の貯蓄ができて資産運用を考えた時、どうすればいいか迷ってしまう人が多いです。

 

これまで資産運用をあまりしてこなかった人であれば余計に迷っていしまいます。

 

ですが、せっかく手に入れた8000万円の運用で失敗したくないですよね?

 

あとで絶対に後悔したくない!そんな人のために8000万円だからこそできるベストな資産運用について解説します。

 

8000万円の資産運用は難しい

億万長者には届かない8000万円

8000万円を資産運用しようとしたとき、問題となってくるのがその金額です。大金は大金なのですが悪くいってしまえば中途半端な金額なのです。

 

例えばあなたが資産3億円をもつ富裕層だったとします。

 

そうするとそういった富裕層にはプライベートバンカーがつきます。あなたにあったあなただけのてスペシャルな提案を続々としてくれることでしょう。

 

ですが、8000万円ではプライベートバンカーがつくほどではありません。あくまでカテゴリーとしては一般人と同じなのです。

 

自分で管理するには大金の8000万円

そうはいっても8000万円は大金です。例えば、株式で運用しようと思ったら数十銘柄に分散しなければいけません。

 

数十個もの銘柄を同時に管理していくのは専業トレーダーでなければ難しいです。現実的ではありません。

 

単価が大きい不動産ならばどうでしょうか。不動産投資の一番の魅力は借入ができることです。少ない資金でも借入をすることで利回りが飛躍的に高まるのです。

 

全部自己資金で行う不動産投資には何の意味もありません。結局8000万円を運用しようと思ったらいくつもの不動産を持たなければいけないのです。

 

8000万円という金額は、プライベートバンカーに一任できるほど大きくはないですが、他の人と同じように株や不動産で運用するには大きすぎます。つまり、どっちつかずなのが8000万円という金額なのです。

 

資産運用のプロ「ヘッジファンド」

ヘッジファンドのターゲットは1000万円~1億円

では、どうすればいいのでしょうか?

 

問題を解決するのがヘッジファンドです。ヘッジファンドはそもそも欧米を期限としています。欧米では、それこそ最低数億円を運用するような富裕層向けのサービスでした。

 

しかし、近年登場した日本のヘッジファンドは1000万円~1億円を運用したい人をメインターゲットに資産運用をしています。

 

まさに8000万円の運用にピッタリなのがヘッジファンドなのです。

 

ヘッジファンドの高度な運用戦略

ヘッジファンドは資産運用のプロがファンドマネージャーをつとめています。

 

ファンドマネージャーによってその運用戦略は多岐にわたります。堅実に投資を行うファンドから、レバレッジをかけてハイリスクハイリターンをねらうファンド、新興国に投資をするファンドまで実に様々です。

 

いずれにせよ何らかのポリシーを持って運用を行っていますので共感を持てたファンドを選びましょう。

 

最近は日本でもヘッジファンドがメジャーになってきましたのできっとあなたに合うヘッジファンドが見つかることでしょう。

 

絶対に後悔しない8000万円の資産運用

8000万円は全てヘッジファンドに預けよう

あなたが絶対に後悔したくないなら、8000万円は全てヘッジファンドに預けましょう。

 

全部ヘッジファンドと聞くとリスクが高いような気がしてしまいますが、実はそれが一番低リスクです。

 

リスクを下げるというと、安易に分散投資をおすすめする人が多いですがそれは間違いです。

 

良く考えずに分散することは、リターンを得る可能性を無くすことと同義だからです。リターンが得られない資産運用はやる意味がありません。

 

リスクを下げたいなら複数のヘッジファンドに分散

運用金額が少なくヘッジファンドが選べない人は最悪投資信託などで分散するしかないかもしれません。

 

ですが、8000万円という元手があるなら迷わずヘッジファンドを選びましょう。

 

ヘッジファンドにもそれぞれ特徴があるので、気に入ったものがあれば投資先を複数のヘッジファンドに分けても良いですね。

 

ヘッジファンドで資産運用するならリスク対策はそれで十分です。むやみやたらに分散する必要はないのです。

 

まとめ

8000万円の資産運用で悩んでいた人も問題は解決です。ヘッジファンドで資産運用をしましょう。

 

今回の話をまとめると次の4点です。

 

●ヘッジファンドは1000万円~1億円の運用が専門
●8000万円の運用ならヘッジファンドで間違いない
●ヘッジファンドごとに投資戦略は異なるので共感できるファンドを選ぼう
●リスクを下げたいなら複数のヘッジファンドに分けて投資しよう

 

気になる個別のヘッジファンドについては下のランキングで紹介してますのでぜひ参考にしてみて下さい。