ヘッジファンドとは?圧倒的な5つの強みと日本でも必ず流行る3つの理由

資産運用を始めようと思っても、選択肢がありすぎて困ってしまう人も多いと思います。

株や不動産、投資信託、その種類は数多くあります。

 

そんな中でこれから間違いなく流行るのが「ヘッジファンド」での資産運用です。

 

日本ではまだあまり知名度がないので「ヘッジファンドって何?」という人も多いでしょう。

今回は、ヘッジファンドの圧倒的な5つの強みと、日本でも必ず流行る3つの理由について解説します。

 

こうき
ヘッジファンドは個人投資家にとってベストな運用手法です。間違いなくこれから流行ると思います!

 

ヘッジファンドは個人投資家にとって一番の運用手法

まず覚えてほしいのが「ヘッジファンドは個人投資家も利用できる」という事です。

 

ヘッジファンドと聞くと何だか自分とは関係ない世界の話に思えてしまいますよね?

 

それもそのはず。ヘッジファンドが登場するのが海外のニュースであったり、機関投資家(生命保険会社など団体として投資する大口の投資家)関連のニュースだからです。

 

ですが、個人投資家でもヘッジファンドを通した資産運用は可能です。なぜなら、個人投資家向けのヘッジファンドがあるからです。

 

ぜひヘッジファンドの魅力を理解した上で、個人投資家向けのヘッジファンドを探してみて下さい。

 

なぜヘッジファンドは圧倒的にすごいのか?5つの強みとは

他の運用手法とは違ってなぜヘッジファンドはすごいのでしょうか?5つの強みについて見ていきましょう。

 

強み①絶対利益を追求する

強みの一つ目は、「絶対利益」の追求です。少し難しい表現ですね。

 

平たく言うと、「経済が不況で株式市場が下がったりしてるような大変な状況であったとしても、常に利益を出すことを狙い続けますよ」という事です。

 

これが一般の投資信託では、「相対利益」を追求しています。

 

こちらは、「株式市場の動きよりは良い運用成績を出すことを目指しますよ」というものです。

例えば株式市場全体が-10%だったとき、-5%の運用であれば結果はマイナスだったけど株式市場全体よりは良い成績だったから良いでしょ?という考え方です。

 

例えるなら、入試で合格点には届かなかったけど平均点よりは良かったから良いでしょ?というようなものです。

 

合格できなければ何の意味もありませんよね?

 

常に利益を狙い続けるヘッジファンドは圧倒的に優れているのです。

 

こうき
どんな相場でも利益を狙うヘッジファンドは圧倒的に優れています!

 

強み②ヘッジファンドしか出来ない専門的な運用手法

ヘッジファンドは、「ヘッジファンドしか使えない運用手法」を用いることが出来ます。

 

例えば、ヘッジファンドでは投資先の企業の株式を多く保有し経営に働きかけるアクティビスト投資が好まれます。

 

そうすると、ただ漫然と株価の値上がりを待つだけではなく、積極的に株の価値向上のために活動が出来るのです。

 

一方、投資信託では分散投資がメインのため、一つの企業の株式を集中して保有することはありません。

 

ただ株価が上がるのを祈って待つしかないのです。

 

株を購入したあとに企業へ有効な働きかけが出来るかどうかで期待収益は圧倒的に違ってきます。

 

これは、あくまで運用手法の一例ですが、ヘッジファンドはヘッジファンドでしかできない優れた運用手法をいくつも持っているのです。

 

こうき
ヘッジファンドは自分たちだけのオリジナルな運用手法で期待収益を圧倒的に高めています!

 

強み③本当のプロフェッショナルによる資産運用

投資信託ではたまたま運用の部署に配属になったサラリーマンが資産運用業務を行います。

 

しかも、資産運用のルールは細かく決められておりファンドマネージャーに裁量は全くありません。

 

さらに、運用がどうなろうと彼らには毎月安定したお給料が振り込まれますのでただの作業になってしまいます。そのため、入社間もない若手社員が運用業務を務める事がほとんどです。

 

一方、ヘッジファンドでは資産運用のスキルで生計を立てている本当の意味での運用のプロフェッショナルがファンドマネージャーを務めます。

 

彼らは有名な金融機関で実績を残した後、独立して自分の会社を作るのです。

 

資産運用が上手くいかなければ会社はつぶれてしまいますから、それこそ死に物狂いで利益を出すことを目指します。

 

ヘッジファンドのファンドマネージャーはサラリーマンマネージャーより圧倒的にハイクオリティなのです。

 

こうき
元金融機関のトレーダーが多いため、ヘッジファンドのファンドマネージャーは圧倒的な資産運用スキルをもっています!

 

強み④大企業特有のしがらみがない

投資信託を運営している大手金融機関には様々な関連企業があります。

 

一般企業では手に入らない情報が手に入る可能性もあるため、インサイダー取引等の関係から投資してはいけない会社が出てきます。

 

つまり、投資に対しての制限かかってしまうのです。

 

一方、グループに属さないヘッジファンドであれば、そういった制約がないため制限を受けずに投資先を選定することが出来ます。

 

グループ特有の制約がないため、ヘッジファンドでは純粋に投資家の利益を増やすことだけを追求した資産運用が出来るのです。

 

大企業特有のしがらみがないというのは、ヘッジファンドの大きな強みです。

 

こうき
ヘッジファンドは大企業特有のしがらみに捕らわれず、投資家の利益を追求した資産運用ができます!

 

強み⑤投資家が儲かればヘッジファンドも儲かる

ヘッジファンドでは成功報酬制度を導入しています。

 

成功報酬とは、運用が上手く行ったらそのうちの何割かを報酬としてください、というものです。

 

運用が上手くいけば上手くいくほど投資家も儲かるし、ヘッジファンドも一緒に儲かるのです。

 

つまり、ヘッジファンドと投資家の利益が一致しており、ヘッジファンドは投資家のためにも自分たちのためにも利益を追求した運用を行うのです。

 

一方、投資信託では成功報酬制度がないので、運用が上手くいこうと失敗しようと知ったこっちゃありません。

 

ヘッジファンドと投資家の利益が一致しているというのは、ヘッジファンドの大きな強みです。

 

こうき
投資家が儲かるほどヘッジファンドも儲かります。両者の利益が一致しているのが圧倒的な強みです!

 

ヘッジファンドが日本でも間違いなく流行る3つの理由

ここまで見てきた通り、ヘッジファンドは圧倒的に優れた資産運用方法です。

 

まだ日本には根付いてはいませんが、間違いなくこれから当たり前になっていく資産運用方法です。その3つの理由を見ていきましょう。

 

流行る理由①ヘッジファンドは完全にお任せで運用できる

ヘッジファンドは間違いなく日本人に向いています。

 

なぜなら、日本人はお金の知識が少なく、自分自身で資産運用を始めると失敗してしまうからです。

 

ヘッジファンドであれば完全にお任せで運用することが出来ます。知識やスキルがなくてもプロの品質で資産運用が出来ますので、資産運用に疎い日本人にはぴったりの方法です。

 

流行る理由②金融先進国の欧米ではヘッジファンドはすでに当たり前

ヘッジファンドは欧米の富裕層の間ではすでに当たり前の資産運用です。さすがは金融先進国といったところです。

 

欧米で確立されているものが日本でも流行るというのは、料理でもイベントでも何でもそうですね。

 

金融の世界においても日本は追随し、ヘッジファンドが選ばれるようになるでしょう。

 

日本でも、資産運用といえばヘッジファンド!となるのはそう遠くない未来です。

 

流行る理由③選ばない理由がない

ここまで見てきた通り、ヘッジファンドを選ばない理由がないです。

 

  • 高品質の資産運用がしたいなら
  • プロフェッショナルの運用を体験したいなら
  • 独自性の高い資産運用がしたいなら

 

迷わずヘッジファンドを選択しましょう。

 

さいごに。ヘッジファンドの募集人数には制限があるので要注意!

ヘッジファンドを始めたいという人はすぐに始めた方が良いです。なぜなら、ヘッジファンドには投資家の募集人数に制限があるからです。

 

ヘッジファンドは「私募」という方法で投資家を募集しています。

 

「私募」だと運用方法に制限はないのが利点なのですが、限られた人数の投資家しか募集できなくなってしまうのです。

 

そのため、人気のあるヘッジファンドだと募集が打ち切られたり、空きが出るまで1年待ちということもあります。

 

気になるヘッジファンドがあったらすぐに問い合わせるようにしましょう。

 

こうき
ヘッジファンドは募集人数に制限があります。気になるファンドにはすぐに問い合わせるようにしましょう!