ヘッジファンドだけが持つ1番の強みとは!資産運用でもう迷わない!

資産運用を始めようと思った時、どんな方法で資産運用すればいいのか迷う人も多いでしょう。

 

株式、投資信託、ファンドラップ、ヘッジファンド・・・ですが投資先で迷う必要はありません!

 

今まで資産運用をしたことが無いのであれば、ヘッジファンド一択です!なぜならヘッジファンドには他のサービスにはない圧倒的な強みがあるからです。

 

その一番の強みについて解説していきます。

 

ヘッジファンドってどんなもの?

資産運用のプロフェッショナル

そもそもヘッジファンドがどんなものか分からないという人もいるでしょう。

 

ヘッジファンドとは、投資家から資金を預かって代わりにレベルの高い資産運用をしてくれる人たちです。

 

資産運用のプロフェッショナルと言ってもいいでしょう。ヘッジファンドのファンドマネージャーは金融の最前線で活躍してきたプロが務めます。

 

初心者が自分で運用するよりもプロに任せた方が成績が良いのはある意味当たり前ですよね?

 

だからこそ初心者はヘッジファンドに運用を任せるべきなのです。

 

ヘッジファンドは人気が広まっている段階

ですが、まだまだヘッジファンドを選ばないで資産運用を始めてしまう人も多いです。

 

昔ながらの銀行や証券会社を信用してしまう人もいまだに多いですね。

 

資産運用の成果だけを考えたらヘッジファンドで資産運用した方が良いのは間違いありません。

 

しかしながら、知っている銀行だからとか、有名な証券会社だからといった本質的ではない理由で選んでしまうのです。そういった選択では資産運用はうまくいきません。

 

運用初心者がよくやる失敗例

自分で株をやって失敗する

初心者で失敗する例は大きく2つです。

 

一つ目は自信満々で資産運用を始めたものの、最終的には大損してしまう例です。

 

資産運用の特徴として、運が良ければ初心者でも勝てるという要素があります。そのため、初心者でも最初は勝ち続ける場合があるのです。

 

そうすると段々実力だと勘違いしてしまうのです。

 

最初は怖いから小額で始めますが、自信が出てきて大金をかけるようになったころボロが出ますので大損してしまいます。

 

代表的な失敗例ですのでそうならにように注意しましょう。

 

投資信託で失敗する

失敗例の二つ目は投資信託で失敗するです。

 

投資信託は銀行や証券会社の営業努力もあり最も身近な金融商品となっています。

 

資産運用を始めようと思ったら投資信託からかな~と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

ですが、投資信託から資産運用を始めてはいけません。特に銀行や証券会社でおすすめされる投資信託は絶対に買ってはいけません。

 

金融庁の調査では投資信託を買っている人の約半分が損を出している結果となりました。さらに、銀行や証券会社がおすすめしてくる投資信託は、彼らが売りたい商品です。

 

銀行や証券会社が売りたいということは、投資家ではなく彼らが儲かる商品なのです。銀行や証券会社にカモにされないように注意して下さい。

 

なぜ個人投資家は資産運用で勝てないのか?

初心者でなかったとしても個人投資家の9割は勝てないと言われています。

 

その理由は明確です。悪い言い方をすれば「運任せの投資」をしてしまっているからです。

 

株で運用するにしろ、投資信託で運用するにしろ、購入した後は何もできることはありません。値上がりしてくれることを神に祈るしかないのです。

 

これは個人投資家が悪いという訳ではありません。個人で投資する以上は避けられない宿命です。

 

では、ヘッジファンドとはどのように資産運用を行い安定して利益を出していくのでしょうか。

 

ヘッジファンドの圧倒的な強み

膨大な資金力

ヘッジファンドと個人投資家の圧倒的な違いは資金力です。

 

個人投資家であれば多い方でも1億円程度でしょうが、ヘッジファンドは数十億円~数百億円を運用しています。

 

この資金力の違いが大きく運用成果を変えます。どういうことでしょうか。

 

日本の上場会社に時価総額が1億円の企業はありません。ですが、10億円や100億円といった企業は数多くありません。

 

つまり、ヘッジファンドは個人投資家と違って投資した会社の大株主になれるのです。

 

運をコントロールした圧倒的な資産運用

大株主になることはヘッジファンドに多くのメリットをもたらします。

 

経営に問題があれば経営改善の提案をすることもできますし、株主が冷遇されていれば株主還元の提案を行うこともできます。

 

株を買ったあとも、株主の利益が増えるように多種多様な働きかけができるのです。

 

個人投資家であれば株を購入したあとは祈るだけ。運任せの投資でした。

 

しかし、ヘッジファンであればこの課題を乗り越え、運任せにしない安定した資産運用が実現できるのです。

 

つまり、ヘッジファンドでの資産運用と個人での資産運用は全くの別物になります。資産運用で利益を出したいならヘッジファンドでの資産運用を強くおすすめします。