【BMキャピタル】【エクシア合同会社】どちらで運用すべき?日本の2大ファンドの評判は

近年、日本の資産運用において存在感を増しているのがヘッジファンドです。以前は超富裕層に限られていたヘッジファンドですが、個人投資家でも投資できるようになってきました。

 

それらのヘッジファンドの中でもとくに有名なのが「BMキャピタル」と「エクシア合同会社(旧エクシアジャパン)」ではないでしょうか。

 

日本の2大ファンドとも言える「BMキャピタル」と「エクシア合同会社」について、いったいどちらに投資すべきなのか?比較しながら解説していきます。

 

日本のヘッジファンド事情

活躍しているヘッジファンド

日本では資産運用といえば「証券会社」や「銀行」という時代が長らく続いていました。しかしながら、その運用内容は決して良いとは言えないものでした。

 

投資家
証券会社に預けても結局儲からないなぁ。
投資家
銀行で投資信託を買ってみたけど損失が出てしまった。。。
投資家
証券会社や銀行よりもっといいサービスはないものだろうか?

 

「証券会社」や「銀行」で資産運用してみたけれど上手くいかずに悩んでいる人も多くいました。

 

そういった状況下で、元々超富裕層向けの資産運用サービスだったヘッジファンドですが、個人投資家向けに調整されたヘッジファンドがどんどん登場してきました。

 

今や日本においても「証券会社」や「銀行」から「ヘッジファンド」に乗り換える人が増え、ヘッジファンドは人気を博しています。

 

2大ファンドはBMキャピタルとエクシア合同会社

こうき
自分の好みに合うヘッジファンドを探してみましょう!

 

日本に数あるヘッジファンドですが、今最も人気を集めているのは「BMキャピタル」と「エクシア合同会社」です。

 

一言でヘッジファンドと言っても、その特性はファンドごとに全く異なります。

 

2大ファンドとも言える「BMキャピタル」と「エクシア合同会社」についてその違いを見ていきましょう。どちらのヘッジファンドに投資するか悩んでいる方は必見です。

 

まずは概要を確認してみよう

BMキャピタルの基本情報

 

名称 ビーエムキャピタル合同会社
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木7-18-1
法人番号 2010403021177
事業目的 (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)経営コンサルティング業務
(5)前各号に附帯する一切の業務

 

BMキャピタルは東京都港区六本木にあるヘッジファンドです。会社の形態としては合同会社という形になっています。

 

今、日本にある個人投資家向けヘッジファンドの多くが合同会社を採用しています。

 

一般企業でも合同会社を使っている会社は増えてきており、アマゾン(Amazon)なんかも合同会社を利用しています。

 

エクシア合同会社の基本情報

 

名称 エクシア合同会社
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階
法人番号 5010003021723
主要投資先 EXIA PRIVATE LIMITED

 

エクシア合同会社は東京都千代田区丸の内にあるヘッジファンドです。会社の形態はBMキャピタルと同じで合同会社です。

 

どちらのファンドも東京の一等地にある事が分かりますね!

 

それでは、いよいよ2大ファンド「BMキャピタル」と「エクシア合同会社」を比較していきましょう。

 

【BMキャピタル】VS【エクシア合同会社】

ファンドマネージャーの経歴比較

まずは、ヘッジファンドの命とも言えるファンドマネージャーの経歴比較です。

 

BMキャピタル

●東京大学卒業、外資系投資銀行に勤務、独立してヘッジファンドを創業
学歴・職歴共にすばらしいの一言ですね。外銀時代に結果を残して自信があるからこそ独立したのだと思います。自他ともに認める一流トレーダーと言えるでしょう。

 

エクシア合同会社

●金融機関に勤務経験なし、FXの個人トレーダー

金融機関での勤務経験はなく、個人投資家としてスタートしています。個人トレーダーはよくいますが、ファンドまで作ってしまう人は中々いないですね。

 

お金の使い道比較

続いて何にお金を使っているかを比較してみましょう。

 

BMキャピタル

BMキャピタルは、「運用に必要なお金」=「株式を買うお金」以外は節約しています。オフィスはごく普通のマンションの一室ですし広告なども出していません。

こうき
堅実で好感が持てるお金の使い方ですね。

 

エクシア合同会社

一方、エクシア合同会社のオフィスはサーブコープという会社が提供しているレンタルオフィスです。一等地にあり秘書なども付くため価格はかなり高いです。

さらに、投資家向けのパーティーを開いたり、広告にも力を入れています。六本木や新宿といった一等地での看板広告や、山手線の車内広告も出しており多額の費用を費やしています。

こうき
とにかく派手なお金の使い方が心配ですね。金遣いがあらい人に自分の資産を預けたいという人は少ないと思います。

 

利回り比較

誰もが気になる利回りも比較してみましょう。

 

BMキャピタル

●平均年間利回り10%以上

平均年間利回り10%以上というのはすばらしい成績ですね。利回りで見てもBMキャピタルは実力のあるヘッジファンだということが分かります。

こうき
8年以上運用していて平均利回り10%以上というのはとても素晴らしい運用成績ですね。

 

エクシア合同会社

●月利平均3%(年間に直すと複利で42%)

月利平均3%、これはハッキリ言って手に負えないレベルです。過去の成績はさらにすごく2016年は月利平均10%ですから、規格外と言うほかありませんね。

こうき
規格外の成績としか言えません。野球で言ったら「打率6割8分2厘です。」みたいなレベルです。

 

信頼性の比較

続いて信頼性についても比較しておきましょう。ずばり「お金をちゃんと資産運用に使っているか」という点です。

 

BMキャピタル

BMキャピタルでは株式で運用を行います。そのため調べればBMキャピタルが保有している株を見つけることができます。例えば瀧上工業といった会社の株の保有を確認できるのできちんと株で運用していることが分かり安心です。

こうき
BMキャピタルは例えば瀧上工業の大株主になっていますし、きちんと株式にお金を使っていることが分かるので安心です。

 

エクシア合同会社

エクシア合同会社はFXで運用を行っています。さらに実際に運用しているのはEXIA PRIVATE LIMITEDというシンガポール法人です。本当にFXで運用しているのかというのは確認のしようがありません。投資するのであれば信じるしかないということになります。

こうき
投資対象がFXですし海外法人も経由してますので、運用実態の確認はできません。

 

出資条件比較

最後に出資条件も比較しておきましょう。ヘッジファンドには最低出資金額というものがありますのでそれぞれ見てみましょう。

 

BMキャピタル

BMキャピタルの最低出資金額は1000万円です。海外のヘッジファンドであれば1~2億円以上が普通ですので、ヘッジファンドにしては投資しやすいと言えます。

こうき
もちろん安くはないですが最低出資金額は1000万円と個人の方でも投資しやすくなっています。

 

エクシア合同会社

エクシア合同会社の最低出資金額は100万円です。BMキャピタルよりも低く設定されており、多くの方が投資しやすい水準となっています。

こうき
最低出資金額が100万円と非常に小さいので、ほぼどなたでも投資できる設定となっています。

 

【BMキャピタル】と【エクシア合同会社】どちらに投資すれば良い?

【BMキャピタル】【エクシア合同会社】の比較まとめ

ここまで【BMキャピタル】と【エクシア合同会社】について比較してきましたが結果をまとめてみましょう。

 

BMキャピタル エクシア合同会社
ファンドマネージャーの経歴 東京大学卒業/外資系投資銀行に勤務 個人投資家
お金の使い道 資産運用に注力、それ以外は節約 オフィス、パーティー、広告と派手な使い方
利回り 年間平均利回り10%以上 月利平均3%以上(複利で年間42%)
信頼性 大株主にもなっており公の情報で確認可能 FXでの運用実態を確認する方法なし
出資条件 最低1000万円 最低100万円

 

私は【○○○】を選びました!

BMキャピタルは堅実で安定的に資産運用しているヘッジファンドのためどのような方にもおすすめできます。最低出資金額1000万円というハードルの高さはありますが、1000万円以上の資産運用を検討しているならBMキャピタルを選べば間違いないです。

 

こうき
考えた結果、私もBMキャピタルで運用することを選びました!

 

ヘッジファンドでの資産運用を検討している方は、ぜひ一度BMキャピタルの公式HPから資料請求してみて下さい。

 

 

エクシア合同会社は広告を多く打っている為露出の機会が多く成績も飛び抜けているため目を引きますね。投資家が参加できるパーティーなども開催しておりとにかく勢いがスゴイ派手な会社です。

 

100万円から投資出来るので気になる方はエクシア合同会社の公式HPも確認してみて下さい。