【初心者でも簡単!】株式投資で成功する裏技投資法とは!

株式投資で成功したい。そう思っている人も多いのではないでしょうか。でも具体的にどうしたらいいのか分からない。

 

本来であれば地道に勉強をして一歩ずつ理解を深めていくのが王道です。

 

ですが、手間をかけずに儲けたい、時間をかけずに成功したい、そんなあなたにピッタリの裏技投資法があります!

 

誰でもできる裏技を分かりやすく解説していきます!

 

株式投資は本来とっても大変

株式投資は本来とても手間のかかるものです。投資手法も様々ありますし、それに応じて必要な知識をつけるだけでも大変です。

 

例えば代表的な指標をピックアップしただけでも数え切れないほどあります。

  • PER
  • PBR
  • ROA
  • ROE
  • EBITDA
  • などなど・・・

 

すべてアルファベットで訳が分からないですよね。これらの用語の意味を覚えるだけでも頭がこんがらがってしまいそうです。

 

闇雲につっこんだ結果大損してしまうというのも良くある話です。

 

関連記事

こうき 株式投資は儲からない?全くそんなことはありません!投資家がハマりがちな3つのワナを解説します!   株式投資を始めてみたけれど。利益が出ないどころか損が出てしまっている。   […]

 

ですが、今回はこういった小難しい話はいっさい無視します。初心者でもできる、まさに裏技を解説していきます。

 

初心者でもできるとっておきの裏技とは

初心者が最良の成果を上げる裏技を公開

初心者が株式投資で良いパフォーマンスを出すにはどうすればいいのでしょうか。

 

株について教えてくれる師匠を探す?自分の直感を信じて株式投資を始めてみる?

 

・・・いいえ。違います。

 

株式投資のプロのマネをすればいいのです。全ての過程をすっとばして結果だけマネてしまえばいいのです。

 

そう。つまり、株式投資のプロが買っているのと同じ銘柄を買えば成功できるのです。

 

ツイッターの自称プロには注意しよう

スポーツであればプロのマネをしろと言われてもなかなかできませんよね?

 

でも株式投資であれば同じ銘柄を買えばいいだけですから初心者でも簡単です。ただし、プロと言ってもツイッターなどに登場する自称プロは信用しないように注意して下さい。

 

彼らは特定の銘柄を購入していることをツイッターなどのSNSで発信し、マネをして買う人たちによる値上がり益で利益を得ます。

 

そのあと自称プロはすぐに売り抜けてしまうので、あとからマネをして買った個人投資家が大損する羽目になるのです。ツイッターなどの自称プロのマネはしないようにしましょう。

 

株式投資のプロってどんな人

活躍するヘッジファンド

では、株式投資のプロってどんな人たちでしょうか?

 

答えはきちんと事業としてやっている人達です。すなわちヘッジファンドですね。

 

ヘッジファンドとは出資をしてくれるお客さんがいて、その人たちの代わりに資産運用業務を行う人たちです。お金をもらって資産運用を行っているわけですから、まさしく株式投資のプロなワケです。

 

そうしたヘッジファンドが買う銘柄についていけば初心者であっても間違いなく大儲けすることができるでしょう。

 

日本にもあるヘッジファンド

ヘッジファンドというと海外のイメージが強いかもしれませんが日本にも有力なヘッジファンドはあります。そして、今後ますますその存在感を強めていくことでしょう。

 

関連記事

資産運用を始めようと思っても、選択肢がありすぎて困ってしまう人も多いと思います。 株や不動産、投資信託、その種類は数多くあります。   そんな中でこれから間違いなく流行るのが「ヘッジファンド」での資産運用です。 […]

 

日本のヘッジファンドの例としては、「ストラテジックキャピタル」などが挙げられます。

 

(出典:株式会社ストラテジックキャピタル)

 

こちらはかの有名な村上ファンドの共同創業者、丸木強さんが運営しているファンドです。

 

アクティビストとして投資活動を行い積極的な株主提案も実施しています。要は株主の立場から会社経営に対して提言をしていくわけです。

 

会社の価値を高めるための提言はもちろんの事、株主に対する還元も提案していきます。

 

ヘッジファンドが投資する銘柄を買うとなぜ儲かるのか

ヘッジファンドが見込んだ有力企業だから

ヘッジファンドが投資してる銘柄を買うとなぜ儲かるのか?理由は二つあります。

 

一つ目は、ヘッジファンドが成長すると見込んで投資している企業ですから、その見込み通り成長していく可能性が高いです。

 

ヘッジファンドは投資を行う前に企業を精査します。その詳細なチェックに合格して選ばれた企業ですから将来性には大いに期待できます。

 

本来はその「企業を精査する」という作業がとっても大変なのですが、そこを全て省いて結果だけマネしてしまえばいいのです。

 

そうすれば、初心者であっても高い利回りを期待できます。

 

ヘッジファンドも儲けるために死力を尽くすから

二つ目の理由は、ヘッジファンドも自分達が儲けるために死力を尽くす必要があるからです。

 

ヘッジファンドは出資をしてくれた投資家の資金をもとに投資活動を行っています。当然ですが、投資活動によって資金を増やし投資家を儲けさせなければいけません。

 

そのため、投資した企業に対しては積極的に株主提案を行い、そこには株主還元の提案も含まれています。

 

つまり、「儲けた利益をもっと株主に還元してくれ。」という提案を私たちの代わりにやってくれるのです。

 

顧客である投資家を設けさせるためにヘッジファンドは死力を尽くす、その流れに便乗させてもらえば初心者でも簡単に儲けることができるのです。

 

まさに裏技ですね!

 

ヘッジファンドはどうやってマネすればいいの?

株主構成をチェックしよう

それでは、ヘッジファンドが投資している企業はどのように探していけばいいのでしょうか。

 

企業が出す有価証券報告書には大株主がのっています。その株主構成を見てヘッジファンドがいる企業を見つければいいのです。

 

株主検索サイトで検索しても見つけることができます。

 

また、例えば先程のストラテジックキャピタルであれば投資先をホームページ上で公開しています。それを見て企業を探すのも有効です。

 

初心者におすすめのもう一つの裏技とは

ただ一つ注意点としては、ヘッジファンドがどの企業を買っているかはある程度案件が進んでからでないと分からないということです。

 

ホームページ上で公開している案件は当然、公開して良い状態になったから載せているわけですし、大株主としての情報を探す場合もある程度ヘッジファンドが株を購入した後でないと分かりません。

 

つまり、案件がある程度進んだ状態でからでないとヘッジファンドのマネをできないため利益が限定されるという弱点があります。

 

プロであるヘッジファンドの力を100%いかして儲けを大きくしたいなら、自分でやらずに最初っからヘッジファンドに資金を預けてしまうというのが有効です。

 

そうすれば案件の最初から利益を余すことなく得られますし、自分で探す手間もかからないので楽ちんです。

 

初心者が株式投資で儲けるもう一つの裏技は、「ヘッジファンドに資金を預けて運用してもらう」という方法なのです。

 

ヘッジファンドで資産運用したいなら、ヘッジファンドのホームページから資料請求や面談依頼ができます。ぜひ下のランキングから確認してみて下さい。