【中国特化ファンド】オリエントマネジメントの評判は?中国株投資で莫大な運用益を狙う

新興国投資でハイリターンを狙うなら今中国株投資が熱いです。

 

これから世界No.1の経済大国になる中国は株式市場もグングンと成長していくことが予想されます。

 

とは言え、中国の事はよく分からない。個別銘柄を自分で選ぶのは難しい。そう感じる人も多いと思います。

 

そこで中国株投資なら、中国特化ヘッジファンド「オリエントマネジメント(Orient Management)」を通しての運用がおすすめです。

 

今回は中国を専門に投資活動をしているオリエントマネジメント(Orient Management)の魅力や評判について解説していきます。

 

世界No.1の経済大国へ邁進する中国

世界の工場として発展してきた中国

まずは中国株投資の大前提である、中国の経済成長について確認しておきましょう。

 

中国はこれまで安価な労働力を背景に「世界の工場」として発展してきました。

 

その結果今や中国の製造業の付加価値額は米国、日本、ドイツを抜いて世界1位の水準となっています。

 

(出典:IoTNEWS

 

1990年代半ばまで中国は大して目立っていませんでしたが、1990年代半ば以降は頭角を現し2000年代に入るとドイツを抜かして3位に躍り出ています。

 

その後も順調に成長を続け、特に2006年以降は急激に成長し、日本を抜きその勢いのまま米国も抜き、圧倒的な世界No.1の製造大国となっています。

 

付加価値額としては世界No.1の中国ですが、これはあくまで安価な労働力を背景にした量的生産の賜物であり、今後も継続する訳ではありません。

 

製造業の総合指数の推移を見てみましょう。

 

(出典:日立評論

 

中国の製造業の総合指数は2000年代ごろから上昇していますが、米国、日本、ドイツに次いで4位にとどまっています。

 

生産効率や資源利用効率、品質等々で先進国には遅れを取っておりまだまだ中国に成長余力はあります。中国はまだ工業化の中期段階となっており、真に工業化が達成されるのは2025年~2030年ごろとみられています。

 

そこで、今後中国が目指しているのは「製造大国」に止まらず「製造強国」になることです。

 

製造大国から製造強国へ

中国は建国100周年の2049年までに製造強国の先頭グループに入ることを目標として、3ステップの戦略を掲げています。

 

(出典:日立評論

 

これまでは人件費が安いという新興国の特権を基に量的な優位を活かして製造大国へ成り上がってきました。

 

そして、今後は格差の是正や工業化、イノベーション先導により製造強国のトップを目指しています。

 

中国は日本とは異なり、独裁ともいえるような政治体制ですので国策の後押しの影響が非常に強いです。言ってしまえば官民が協力して発展している状況ですので、製造強国のトップを走る目標も達成されることでしょう。

 

こうき
すばやく動ける中国の一党体制はやはり強いです。中国の経済成長には期待せざるを得ません。

 

飛躍する中国のIT企業

そして、製造業に加えてもう一つ中国の大きな特徴は、工業化と情報化が同時に進行していることです。

 

これまでの先進国は工業化してから情報化という変遷をたどってきました。

 

しかしながら、中国は工業化しながら情報化も成し遂げているのです。中国の巨大IT企業は決して米国のIT企業に引けを取りません。

 

米国のIT企業は「GAFAM」が有名ですが、中国にも巨大IT企業群「BATH」があります。

 

G:Google
A:Apple
F:Facebook
A:Amazon
M:Microsoft

 

B:Baidu(百度、バイドゥ)、中国で最大の検索エンジンを提供
A:Alibaba(阿里巴巴、アリババ)、中国最大手のECサイト
T:Tencent(騰訊、テンセント)、チャットや電子決済を提供
H:Huawei(華為、ファーウェイ)、スマートフォン等を販売

 

中国IT企業のBATHは非常に有名ですので名前を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

これら中国のIT企業の伸びはとにかくすさまじいです。世界企業の時価総額ランキングを見て下さい。

 

 

今や世界の企業トップ20に堂々とランクインしているのが中国企業のテンセントとアリババなのです。

 

米国のGAFAMが6位までほぼ上位を占めている(AlphabetはGoogleの持ち株会社)ことを考えると、中国のIT企業がグローバルリーダーになる時代も必ず来ることでしょう。

 

こうき

残念ながら日本の企業は1社もランクインしていません。1990年代は日本企業がトップを独占していましたが、この30年の間に没落してしまいました。

日本を応援したい気持ちもありますが、ハイリターンを狙った投資ならどうしても中国株の方がおすすめです。

 

中国株は割安のまま放置されている

これだけ経済が成長してきていて、かつ今後の成長も期待できる中国ですが、経済に対して株価はまだまだ割安のまま放置されています。

 

これは非常に大きなチャンスです。

 

どういうことでしょうか?まずGDP推移はこちらです。

 

 

このように2000年代以降、中国のGDPは急激に成長し続け、今や日本を抜いて世界第2位の経済大国となっています。

 

そして、ただの2位ではなく3位の日本とは圧倒的な差があり3倍に達しています。日本のGDPが横ばいの中で中国はこれだけの成長を遂げたわけですね。

 

しかしながら、この経済成長に株価は追いついていません。

 

 

2010年以降、中国のGDPが約2.5倍に成長している中で、株価はほぼ横ばいです。つまり、まだまだ株価は割安であり大いなる成長余地が残されているのです。

 

まさに中国株は今がチャンスです。これから新興国投資を始めるなら中国をおいて他にはないでしょう。

 

こうき
投資でこれほど条件がそろっていることはありません。まさに今が始めるベストタイミングです!

 

オリエントマネジメントはなぜスゴイのか

オリエントマネジメント(Orient Management)とは

それではいよいよオリエントマネジメント(Orient Management)の凄さについて迫ってみましょう。

 

 

オリエントマネジメント(Orient Management)は中国を専門とした日本のヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドはあまり聞き馴染みのない方もいるかもしれませんが、富裕層を専門とした資産運用会社です。

 

日本ではまだ浸透してませんが、金融先進国の欧米では富裕層はまずヘッジファンドでの運用を検討します。

 

ヘッジファンドも多種多様ですが、その中でもとくに中国に特化しているのがオリエントマネジメント(Orient Management)なのです。

 

グローバルなネットワークを活かした資産運用

期待大のオリエントマネジメント(Orient Management)ですが、中国に投資するヘッジファンドということで、情報をいち早く仕入れることに力を入れています。

 

インターネットで世界がつながっている現代とは言え、やはり現地の生でしか感じられない空気感や情報は確かにあるのです。

 

それらを逃さずキャッチできるよう、オリエントマネジメントでは、シンガポールと香港に拠点を置き貴重な情報を仕入れ資産運用に活かすようにしています。

 

こうき
資産運用では情報の差が運用成果を大きく左右します。グローバルなネットワークを築いているのはさすがですね。

 

成果しかないファンドマネージャー

そして、ヘッジファンドの魂ともいえるファンドマネージャーを務めるのは、新興国投資で突出した成果を挙げたマネージャーです。

 

●東京大学卒業
●世界トップの金融機関で経験を積み独立
●新興国ヘッジファンドで年率100%(現地通貨建て)以上の記録を樹立

 

これだけの経歴を持つファンドマネージャーですのでその実力はお墨付きです。

 

こうき
正直オリエントマネジメント(Orient Management)には期待しかありません。

 

オリエントマネジメントに出資する方法

そんなオリエントマネジメント(Orient Management)に出資するにはどうすればいいのでしょうか。

 

オリエントマネジメントはヘッジファンドであり、私募形式で投資家を募集しています。

 

オリエントマネジメントに出資するには、直接オリエントマネジメントから説明を聞き手続きする必要があります。

 

説明を受けるには、知人に顧客がいる人は紹介してもらいましょう。

 

紹介が難しい方は、オリエントマネジメントのホームページから問い合わせて面談を設定してもらいましょう。

 

下記より公式ホームページにいけますのでご確認頂ければ幸いです。