ミャンマー株式市場は儲かるのか?超新興国投資を解説する!

日系企業が多く進出する東南アジアですが、その中でもこれからの成長株として最も注目されているのはミャンマーです。

 

ミャンマーは軍事政権が長く続いたこともあり、いわゆる「鎖国」状態が長く続きました。そのため、他の東南アジア諸国と比較しても経済発展が遅れており、まだまだ伸びしろが多く残されているのです。

 

そこで、今回はずばりミャンマー株式市場への投資は儲かるのか?解説していきたいと思います!

 

ミャンマーってこんな国

ミャンマーの概要

まずはミャンマーという国の概要から見ていきましょう。

 

国名 ミャンマー連邦共和国
首都 ネーピードー
面積 67万6578平方キロメートル
人口 5562万人
宗教 仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教
公用語 ミャンマー語
実質GDP成長率 6.69%
名目GDP 686億ドル
1人当たり名目GDP 1298ドル

 

国土は67万平方キロメートルと広く、日本の2倍近くあります。しかし、1人当たり名目GDPは1298ドルとなっており、お隣のインドが2036ドルであることを考えると、まだまだ小さい数字となっております。

 

つまり、ミャンマーにはまだ伸びしろが多く残されていることが分かります。

 

きらびやかな仏塔が有名

 

ミャンマーで有名な場所と言えば「シュエダゴン・バヤー」でしょう。「シュエダゴン・パヤー」はミャンマーの旧首都ヤンゴン北部に位置する聖地です。

 

高さ99.4mの黄金の等を中心にきらびやかな仏塔が周りを囲んでいます。ミャンマーでは仏教が87%ほどの大多数を占めていますので、仏塔への参拝は特別なことではなく生活の一部となっています。

 

参拝してみれば、本を読んだりお昼寝をしたりとゆったりと過ごしている現地の人たちを見ることができます。

 

ミャンマーの経済状況を分析する

ミャンマーの人口動態

続いてミャンマーの経済状況について見ていきましょう。ミャンマー経済はこれからどうなっていくのでしょうか。

 

経済発展にきわめて大きな影響を与えるのは人口です。人口が増えていけば経済も発展していきますし、日本のように人口が減っていく国では経済成長も見込み辛いです。

 

これからのミャンマーはどうなるのか。まずミャンマーの人口動態を見てみましょう。

 

(出典:世界の人口ピラミッド)

 

10代の人口が最も多くきれいな釣鐘型となっています。若い世代の比率が多く今後に期待できる人口動態となっています。

 

ミャンマーの人口推移

(出典:世界の人口ピラミッド)

 

続いて、人口推移のシミュレーションを見てみましょう。ミャンマーの人口は2054年まで増え続け、6230万人に達することが予想されています。

 

2054年ということはあと34年間も人口が増え続けるわけですね。これは経済発展にあたって大きなアドバンテージとなります。

 

ミャンマーの今後の経済発展には大いに期待できるでしょう。

 

こうき
ミャンマーは30年以上人口が増え続けるので今後の経済発展には大きく期待できますね!

 

ミャンマーの株式市場を分析する

ミャンマー株式市場の概要

それでは、いよいよミャンマーの株式市場について見ていきましょう。ミャンマー株式市場の概要は次のようになっています。

 

証券取引所 ヤンゴン証券取引所
取引回数 7回
上場企業数 6社
外国人による投資 2020年3月20日より解禁

 

取引回数という見慣れない言葉がありますが、ヤンゴン証券取引所では日本のように時間内ならいつでも株式売買が成立するという訳ではありません。

 

成立する取引タイミングは決まっていて「10:00」、「10:30」、「11:00」、「11:30」、「12:00」、「12:30」、「13:00」の7回です。

 

このタイミングでしか株式売買は成立しないので注意が必要です。

 

盛り上がらない株式市場

そして、ミャンマー株式市場にはたったの6社しか上場していません。ミャンマーに上場している企業はとても少ないのです

 

参考までに日本の株式市場への上場企業数は3500社程度ですからいかに少ないかが分かるかと思います。6社しか上場企業がないと株式市場が機能しているとは言えません。

 

新興国投資のつもりが、いきすぎた超新興国投資になってしまいます。ではどのような企業が上場しているのでしょうか。

 

企業名 コード 上場日 事業内容
First Myanmar Investment FMI 2016年3月25日 不動産関連事業、病院事業、銀行業を中核に展開
Thilawa SEZ Holdings MTSH 2016年5月20日 ティラワ経済特区における不動産開発
Myanmar Citizens Bank MCB 2016年8月26日 銀行業
First Private Bank FPB 2017年1月20日 銀行業
TMH Telecom Public Co., Ltd. TMH 2018年1月26日 携帯電話等の通信インフラ
Ever Flow River EFR 2020年3月20日 物流事業

 

具体的に見ると不動産業や、銀行業などの業種が上場しておりいわゆるインフラともいえるような企業が多いですね。

 

そして、注目すべきは上場企業の増加数です。2016年に3社が上場して以降、2017年に1社、2018年に1社、2019年は0社、2020年に1社と増加のペースはとても遅いのです。

 

この調子では株式市場が盛り上がって株価が上昇していくということは期待できません。停滞したまま推移するというのが現実的な線だと思います。

 

こうき
ミャンマー株式市場はたったの6社しか上場しておらず盛り上がっていないのが現実です。

 

それでもミャンマー株に投資をしたいなら

ですが、どうしてもミャンマー株式に投資をしたいという方には朗報です。

 

2020年3月20日から外国人投資家による株式売買も可能になったのです。つまり、われわれ日本人もミャンマーの株式が買えるようになったわけですね。

 

ミャンマーの証券会社は6社ありますが、日本人には大和証券が出資している「ミャンマー証券取引センター」が使いやすいでしょう。口座開設支援を行っている会社もありますので、気になる方は調べてみて下さい。

 

ミャンマー株式市場は若すぎる

ミャンマーという国は非常に面白く経済的に見ると人口も増加していきますし今後の成長に大いに期待できます。

 

しかし、株式市場という面から見ると6社しか上場しておらず、外国人の投資が可能になったのも2020年3月からということで、さすがに投資環境が整っていません。

 

新規上場企業も少ないですし、ミャンマー株式市場が活況となるには10年~20年かかるのではないでしょうか。

 

という訳で、今はまだ投資タイミングではない。というのが結論です。

 

ミャンマー株よりもおすすめの新興国投資とは

新興国投資ならこの国を選べ!

それでは、今から新興国投資を始めたい場合はどこに投資をすればいいのでしょうか?

 

ミャンマー株よりもずっとおすすめできる国があります。

 

それは、イランです。

 

イラン株というと全く聞き馴染みがないと思いますが、実は新興国投資の良いところを詰め込んだ超優良投資となっています。

 

安心して投資できるイラン株式市場

イラン株式市場は新興国であるためこれからの経済成長に大いに期待できます。

 

ここまではミャンマーと一緒ですが、何といっても違いは株式市場のレベルです。イランの株式市場には600社ほど上場しており、時価総額も20兆円程度と非常に大きなマーケットになっているのです。

 

新興国でありながらも株式市場が整備されている為、我々外国人も安心して投資できるのがイラン株式市場なのです。

 

イラン株式市場の詳細は別記事に記載してますのでぜひ一読してみて下さい。

 

関連記事

新興国への株式投資を考えている人に圧倒的におすすめできるのはイラン株です。   「イラン?聞いたことがないよ」という人も多いかと思いますが、イラン株は新興国投資として大きなリターンを得られる条件がそろっています。 […]

 

まとめ

今回はミャンマーについてとりあげました。大事なことは3つです。

 

●新興国投資ではその国の経済成長が株価成長につながる
●しかし、経済成長するという理由だけで投資判断をしてはいけない
●株式市場といった投資環境が整っているかチェックする必要がある

 

おすすめの新興国投資は下のランキングでも紹介しているので良ければそちらも参考にしてみて下さい。