原油ETFにだまされるな!買うと絶対に損する理由を解説する

最近、原油安が何かと話題になっていますね!

 

「原油が過去最高に安くなっている・・・原油を買えば儲かるのでは!?」

 

そう思って原油に手を出そうとしているそこのアナタ!ちょっと待ってください。原油ETFは買ってはいけません!必ず損をします!

 

実際、私の周りでも原油に手を出して損している人がたくさんいます。今回は絶対に損する理由を解説していきます!

 

そもそも原油って投資できるの?

ETFを利用した原油への投資

まずは原油への投資がどんなものなのかから見ていきましょう。当然ですが、実際の原油を買ったり売ったりすることは我々にはできません。

 

その代わり、世の中には原油ETFというものがあります。アルファベットが出てくると一気に難しく感じてしまいますが、簡単にいえば投資信託だと思って下さい。

 

原油の投資信託があるので我々はインターネットで簡単に原油への投資ができてしまうのです!

 

日本でも簡単に買える原油ETF

それでは、具体的にはどんな商品があるのでしょうか。有名なのは2つです。

 

  • (1699)NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型上場投信
  • (1671)WTI原油価格連動型上場投信

 

これらは原油価格に連動するように運用を行うETFです。原油価格の指標はWTIと呼ばれているものが標準で、アメリカのニューメキシコ州とテキサス州を中心に生産される原油価格を示しています。

 

この原油価格の推移に連動する商品が簡単に日本でも買えるので、原油への投資が成り立っているのです。

 

過去最高に暴落している原油価格

最近、原油への投資が注目を集めている理由はいたって簡単です。原油価格がこれまでにないほど暴落しているからです。

 

こちらのWTI原油価格の推移を見て下さい。

 

(出典:楽天証券)

 

2011年には120ドルに迫っていた原油価格が、2020年には10ドル台まで下落し、一時は0を下回りマイナスを記録したのです。

 

ハッキリ言ってとんでもない大暴落ですね。本稿執筆時点でも20ドル台を推移しており価格が超低水準にあるのは間違いありません。

 

この安値を受けて原油ETFを購入する人が急増しています。ですが買ってはいけません。

 

価格が安いのになぜダメなのでしょうか?

 

原油は絶対に負ける!その理由とは

要注意の先物取引

原油の投資は、「現物取引」ではなく「先物取引」で行われています。

 

先物取引とは今の価格ではなく、将来の価格を決める取引になりそれぞれ取引ができる期間が決められています。

 

例えば今が5月であれば、5月31日が取引の原油価格、6月30日が取引期限の原油価格、7月31日が取引期限の原油価格と何種類もあるのです。

 

それぞれ「5月限月」、「6月限月」、「7月限月」という呼び方をします。

 

こうき
先物取引では取引できる期間によって価格が異なるので注意が必要です。

 

ロールオーバーの落とし穴

そして、先物取引で注意したいのがロールオーバーです。何種類もの原油価格があるといいましたが、基本的に期間が長い原油価格の方が高くなっています。

 

「5月限月」の原油価格より「6月限月」の原油価格の方が高いのです。では、今が5月として5月31日が迫ってきたらどうすれば良いのでしょうか?

 

今もっている「5月限月」の原油を売って、値段が高い「6月限月」の原油を買い直さなければいけないのです。

 

こうき
先物取引は取引できる期間が決まっています!普通の商品のようにただ保有し続けることはできません!

 

まやかしの値上がり

この安い原油を売って高い原油に買い替えるという行為によって「まやかしの値上がり」が発生します。

 

よく分からないと思うのでこのグラフを見て下さい。

 

(出典 原油投資情報サイト:http://crudeoil123.com/crudeoil_etf_rollover/)

 

WTI原油のグラフを見ると35%ほど上昇しているように見えますが、実際は10%ほどしか上昇していません。

 

WTI原油価格を見て儲かると思っている人は、「まやかしの値上がり」を見ているのです。

 

だからこそ、保有期間によっては

「表面上は40%も上昇していたのに実質マイナスだった。」

という驚きの事態もありえるのです!

 

こうき
グラフのパッと見の値上がりにだまされてはいけません!

 

長期で持つと必ず損をする

原油価格は確かに今安いです。ですが先物取引ですので、限月があり1カ月たつごとにロールオーバーが発生します。

 

限月ごとの価格差というのも、原油価格が低迷している時は大きくなり、ロールオーバーのコストも大きくなります。

 

簡単に言うと、原油先物取引は長期保有すると必ず負けます!

 

そのため、「今安いから買っておけばいつか上がるだろう」という投資は出来ないのです。

 

こうき
長期保有は出来ないので過去最高に安いとしても何の根拠にもならないのです。

 

まとめ

今回のまとめはこちらです!

 

●原油に投資をする方法はETF
●原油価格は過去最低値
●ただし先物取引のためロールオーバーがあり実質長期保有は出来ない
●そのため、過去と比べて安いことは投資する根拠にならない

 

原油価格の安さが注目されていますが、安易に投資してはいけません。大事な資産を失わないように注意して下さい!