【不安解消!】3000万円~5000万円を資産運用して豊かな老後をおくる方法とは

 

老後2000万円問題で話題となったように、老後に備えて2000万円~3000万円の貯蓄をする必要があると言われています。

 

3000万円以上の貯蓄があるよという人も油断してはいけません。

 

この2000万円~3000万円というのはあくまで必要最低限の暮らしをするうえで算出された金額です。

 

豊かな老後を送ろうと思ったらこれだけではとても足りません。

 

仮に手元に3000万円~5000万円あるとしたら、銀行預金にいれたままにしておくのではなく資産運用をして1億円を目指しましょう。

 

豊かな老後を送るために、資産運用して1億円を目指す方法を解説します。

 

こうき
果たして30年後も年金はきちんと支給されるのでしょうか?・・・あやしいですよね。きちんと自分で備えましょう!

 

老後に必要な資金はいくら?

金融庁のいう2000万円の根拠とは

まず老後にどれだけのお金が必要になってくるのか考えてみましょう。

 

メディアでも話題になったように金融庁の報告書によると必要な貯蓄額は2000万円です。この金額の根拠はざっくりいうとこちらです。

 

  • 月々の支出が26万円
  • 収入が21万円
  • つまり毎月マイナス5万円
  • 65歳から95歳まで30年生きるとすると約2000万円必要になる

 

あくまで月々の支出が26万円という前提に基づいた試算結果なのです。つまり必要最低限の生活をする上で必要になってくる貯蓄が2000万円なのです。

 

豊かな暮らしのためには3000万円~5000万円の貯蓄では不十分

もしあなたの貯蓄が3000万円~5000万円ほどあるのであれば、必要最低限の老後資金は確保できていると言えるでしょう。

 

ただし、なんの気兼ねもなく自由に生活するためには余裕を持っておきたいところですよね。

 

3000万円~5000万円あればどれくらいの水準の生活が遅れるでしょうか。

 

金融庁の試算と同様に考えて月々の収入が21万円だとします。

 

そうすると、月当たり29万円~33万円つかえる計算になります。悪くはないですが、十分とは言えないでしょう。

 

老後を豊かに過ごすためには、3000万円~5000万円の貯蓄では不十分です。資産運用をして増やしていく必要があるのです。

 

資産運用で目指せ1億円!

1億円あれば悠々自適な隠居生活

3000万円~5000万円をもとでに資産運用をしてズバリ1億円の資産を目指しましょう。

 

1億円あれば、月当たり48万円つかえる計算になります。

 

老後ですから育ち盛りの子供が何人もいる訳ではありません。

 

毎月48万円あれば老夫婦2人の生活費だとしても十分でしょう。悠々自適な第2の人生を歩めるはずです。

 

孫と一緒に海外旅行にいける

老後にやりたいことは人によって千差万別だと思います。

 

ですが、お孫さんがいれば「孫と一緒に海外旅行」というのは多くの人にとって嬉しいことなのではないでしょうか。

 

孫と一緒の旅行にいくのが夢だという人もいますよね。

 

資産があれば、息子さん・娘さん夫婦に頼らずに自分たちだけでお孫さんを海外旅行に連れていくことも可能です。

 

必ずやかけがえのない思い出になるでしょう。そのためにも早め早めに資産運用を始めて資産形成を進めておきましょう。

 

3000-5000万円といった大金を運用をする際に気を付けたいこと

まずは資産を「増やす」よりも「守る」が大切

それでは、具体的にはどのように資産運用をしていけばいいのでしょうか。

 

いきなり大儲けを狙って大金をつぎ込んでしまう人がいますがそれは危険です。

 

向こう見ずな投資をして資産を失うことだけは避けましょう。

 

マンションや戸建てへの不動産投資は要注意

具体的には高額不動産への投資は危険です。

 

3000万円~5000万円といった資産があれば、少し借入をする事でマンション一棟買いや戸建ての購入ができてしまうでしょう。

 

ですが、これは危険です。

 

これから日本は人口減少していく傾向にあり、家を借りてくれる人が少なくなっていきます。

 

しかし、東京オリンピックの影響もあり建設ラッシュは続いていて、不動産の供給量は増え、不動産価格も上昇しています。

 

つまり、不動産投資をするには大変厳しい経済状況になっているのです。

 

不動産が儲かったのは昔の話

不動産投資が儲かったのは過去の話です。現状ではまず儲かりません。

 

不動産投資は入居者がつかないと毎月借金を払うだけの地獄です。

 

売却をするにも金額が大きいですからなかなか売れません。早く売ろうと思ったら大幅に値下げするしかないのです。

 

物件を保有し続けても地獄。売却しても大損。昨今の状況では不動産投資は選ばないようにしましょう。

 

3000万円~5000万円の資産運用ならとにかくヘッジファンドがおすすめ

ヘッジファンドで資産運用しよう

それでは、どのようなところで資産運用すればいいのでしょうか。

 

3000万円~5000万円といったまとまった金額を運用するなら、おすすめはヘッジファンドです。

 

その3つの理由を見ていきましょう。

 

理由①まとめて管理できる

3000万円~5000万円を自分で資産運用しようと思ったら管理がとても大変です。

 

A株に500万円、B投資信託に500万円、C株に300万円~~~

 

少なくとも10個くらいの資産に分けて管理することになるでしょう。

 

一方、ヘッジファンドであれば3000万円~5000万円といった大金でもまとめて一括で管理してもらうことができます。

 

ヘッジファンドの中には1億円以上じゃないと出資を受け付けないというところもありますから、大金を扱うのはお手の物です。

 

ヘッジファンドで運用すればとっても楽に資産管理できるでしょう。

 

理由②資産運用のプロに任せることができる

同時にヘッジファンドは資産運用のプロでもあります。

 

資産運用のプロとして活躍してきた専門家がファンドマネージャーをつとめていますから、自分で資産運用するよりも高い利回りが期待できるでしょう。

 

しかも投資家はヘッジファンドに預けたあとは何もしなくていいので自分の時間も有効に使えます。

 

自分の手間をかけずに良い成果が期待できるのは、ヘッジファンドならではの強みとなっています。

 

理由③1000万円以上ないとヘッジファンドでは運用できない

良いことばかりのヘッジファンドですが、残念ながら誰でも投資できるという訳ではありません。

 

最低出資金額というラインが定められていて、日本の多くのヘッジファンドは1000万円からとなっています。

 

3000万円~5000万円といった元手があれば、こういった制限も軽々とクリアすることができます。

 

まとまった資金である優位性をいかして、ヘッジファンドに投資するのがベストな選択でしょう。

 

ヘッジファンドで資産運用する方法

顧客に紹介してもらう

実際にヘッジファンドで資産運用するにはどうすればよいのでしょうか?

 

ヘッジファンドは閉じられた世界で顧客を募集していますので、既存の顧客に紹介してもらうのが一番です。

 

もし知り合いにすでにヘッジファンドに紹介している人がいれば、紹介を頼んでみましょう。

 

ホームページから問い合わせる

それが難しければ、ヘッジファンドのホームページから問い合わせることができます。

 

ヘッジファンドで資産運用するにあたっては、直接会って詳細説明を聞く必要があります。

 

その説明依頼がホームページからできるはずですので、気になったヘッジファンドには連絡をしてみましょう。

 

実際に会ってみて、ファンドの詳細や雰囲気を確認するようにしましょう。

 

ヘッジファンドと一言でいっても色々な種類がありますので、ご自身に合ったヘッジファンドを探してみて下さい。おすすめランキングは下記です。