2,000万円を資産運用すると老後不安が解消する3つの理由とは

老後の生活に向けて2,000万円の貯蓄を用意しなければならない。

 

いわゆる「2,000万円問題」として話題になっています。ですが、ハッキリ言いましょう。

 

老後資金として、2,000万円だけでは全然足りません!もっと多くの貯蓄が必要になってきます。

 

年金も少なくなる中で、老後の生活に不安を覚える人も多いでしょう。

 

こういった老後不安を解決する方法は資産運用です。今回はその3つの理由について解説します。

 

2,000万円では足りない老後資金

金融庁によると2,000万円の貯蓄が必要

(出典:https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf)

 

こちらが金融庁による報告書で指摘されていた点です。

 

収入が209,198円に対して、支出が263,718円となっています。毎月54,520円の赤字です。

 

1年では654,240万円の赤字となり、30年間では19,627,200円の赤字となります。

 

これで老後のために2,000万円の貯蓄が必要だ!となった訳です。

 

ですが、果たして月々の支出は26万円ですむでしょうか?

 

実は4,000万円必要な老後資金

総務省の家計調査によると、2人以上の勤労者世帯における支出は、60-69歳の人たちで309,700円となっています。

 

仕事を辞めたからといっていきなり生活の質を落とせるわけではありません。

 

特に贅沢をせず普通に生活をしようと思ってもこれくらいの支出はかかるでしょう。

 

先程の月々の支出は263,718円でしたから、約5万円多く使っていることになります。

 

そうすると、年間で60万円、30年間では1,800万円に上ります。さきほどの2,000万円と足すと3,800万円ですね。

 

平均的な暮らしをしようと思っても老後の貯蓄は約4,000万円必要になるのです。

 

資産運用が老後不安を解決①資金が4,000万円に増える

2000万円を資産運用して4,000万円にする

では、こういった課題を解決するにはどうすればいいのでしょうか。その答えが資産運用です。

 

自力で4,000万円すべてを貯金しようと思うとなかなか大変です。

 

ですが、お金にも働いてもらえば決して不可能ではありません。

 

50歳から年利3.5%で20年間運用する

50歳までに2,000万円を貯めて資産運用を始めましょう。

 

日々の給料の貯金や場合によっては早期退職することで退職金も入りますので、50歳までに2,000万円というのは現実的な数字です。

 

そして貯めた2,000万円を年利3.5%で運用していきましょう。

 

3.5%というのも決して不可能な数字ではありません。大きなリスクを取らずに実現できるでしょう。

 

20年たつと資産はこのように増えていきます。

 

運用期間 資産額
1年 2,070万円
3年 2,218万円
5年 2,376万円
10年 2,822万円
15年 3,3,0万円
20年 3,980万円

 

このように目標の4,000万円をほぼ達成することができます。資産運用の効果は絶大なのです。

 

関連記事

こうき 2000万円を資産運用したい人向けにおすすめのポートフォリオを紹介します!   2000万円という資産ができた時、資産運用を始めようと考える人も多いと思います。   2000[…]

 

資産運用が老後不安を解決②収入があるという事の安心感

労働収入1本に頼っていることの危険性

資産運用の効果はまだまだあります。

 

多くの人は働いてお給料をもらっています。この労働からの収入1本に頼っている家庭がとても多いです。

 

ですが、この状態は危険です。

 

仮に病気やケガで働けなくなってしまったら、一気に生活が立ち行かなくなってしまうのです。

 

労働収入1本に頼っているからこそ、常に漠然とした不安感があるのです。

 

「労働」+「資産運用」による安心感

資産運用をしていれば、収入源が複数になります。

 

「仮に病気になったとしても資産運用から入ってくる収入もある」と思えれば一気に不安な気持ちはなくなるのです。

 

「労働」+「資産運用」の2本体制にする事で収入も安定しますし、精神的にも安心感が得られるのです。

 

資産運用が老後不安を解決③資産運用から得られる満足感

仕事から得られる充実感

収入を得るために働いている人も多いと思いますが、労働することによって得られる充実感もあると思います。

 

働いていれば全部がいい事ばかりではなく嫌な事や大変な事もあると思います。

 

ですが、それでも得られる充実感というのは確実にあります。

 

資産運用そのものから得られる満足感

資産運用も労働と同様に資産運用そのものから得られる充実感があります。

 

とくに資産運用の場合は労働とは異なりみんなが絶対にやらなければいけないものではないので、自分で選択してやっているんだという満足感が強いのです。

 

資産運用は自分で好きに商品や出資額を決めることが出来ます。期間も自由ですし、判断すべきことはとても多いです。

 

ぜひ資産運用でしか得られない充実感を体験して楽しんでみて下さい。きっと不安な気持ちなど吹き飛んでしまう事でしょう。

 

まとめ

今回は資産運用が老後不安を解決する3つの理由について解説しました。

 

  • 資産運用で老後に必要な資産を形成できる
  • 労働以外の収入が出来る事で安心感を得られる
  • 資産運用そのものから充実感を得られる

 

経済的にも精神的にも資産運用は充実感を与えてくれるものです。ぜひチャレンジして楽しんでみて下さい。