誰でもできる!1億円を資産運用して利息だけで暮らすたった1つの方法とは

こうき
今回は1億円を資産運用して利息だけで暮らす方法を解説します!

 

資産1億円というのは一般の人と富裕層とを分ける一つの区切りです。

 

億万長者なんていう言葉もありますよね。

 

ただし、1億円というのは実は微妙な金額で、それだけで人生を死ぬまで過ごそうと思ったら不十分です。

 

しかし、1億円を元手に資産運用していくことで利息だけで暮らすことができるのです。

 

今回は誰でも簡単にできる1億円を資産運用して利息だけでくらすたった一つの方法を解説します。

 

一昔前なら不動産投資がよかった

かつては富を築けた不動産投資

1億円というと大金です。一昔前ならこういった大金を資産運用するなら不動産投資が主流でした。

 

不動産投資は、大金を回すことができ、なおかつ儲かる投資だったのです。

 

あのベストセラーになった「金持ち父さん貧乏父さん」の作者ロバート・キヨサキも不動産投資で財を成していますね。

 

しかし、時代はかわってしまいました。不動産投資は今や儲からない投資になってしまったのです。

 

値上がりしている不動産価格

儲からない理由は単純です。不動産価格が値上がりしているからです。

 

投資というのは安く買って高く売らなければなりません。

 

高い値段で買ってしまったら、その時点で負けが決まってしまうのです。

 

例えば、バブルの価格が高騰している時代に不動産を購入して儲かった人なんていませんよね?みんな大損してしまっています。

 

東京オリンピックなどの影響もあり不動産価格が上昇している今、不動産投資を選んではいけません。

 

残念ながら、不動産への投資は諦めるようにしましょう。

 

配当ねらいの株式投資

安定的なインカムゲイン

配当狙いの株式投資という方法も悪くはありません。

 

株式を保有していれば、年に1~2回、配当金がもらえますので生活を支える安定収入となります。

 

1億円を資産運用して利息で暮らすための方法としては悪くないでしょう。

 

平均配当利回りは2%とやや不十分

ただし、株式の配当だけでは生活費を賄えないという問題もあります。

 

日本株の平均配当利回りは約2%です。1億円の2%というと年間200万円もらえる計算になります。

 

つまり、月々約17万円もらえる計算になりますね。

 

本当にただ必要最低限の生活費だけなら賄えるかもしれませんが、ずっと月17万円で暮らしていくのは厳しいですよね。

 

株式の配当だけで暮らすのは、悪くはないのですがちょっと不十分な生活になってしまうでしょう。

 

株式の配当に加えて値上がり益もねらう方法

配当2%+値上がり益3%

そこで、有効な方法が配当2%に加えて株式の運用で値上がり益も狙う方法です。

 

仮に配当利回りが2%の株式を保有して、それが3%値上がったとしましょう。

 

◆配当金 1億円×2%=200万円
◆値上がり益 1億円×3%=300万円
→合計 200+300=500万円

 

このように合計500万円の利益を得ることができます。

 

年間500万円あれば、月々約42万円の収入です。42万円あれば十分に生活してくことができるでしょう。

 

難易度が高く初心者には難しい

ただ一つ問題点としては、難易度が高く初心者には難しいことです。

 

株式の運用で、年間3%の利益を出すことは簡単だと思いますか?3%という数字だけ見るとそう感じてしまうかもしれませんね。

 

ですが、実際は株式の運用で3%の利益を出すのはとても大変です。初心者が株を始めたらほとんどがマイナス運用となってしまうでしょう。

 

株式投資で配当と値上がり益をねらうのはとても良い方法なのですが、初心者には難しいというのが難点なのです。

 

ヘッジファンドにまかせて資産運用する

初心者でもお任せで資産運用できる

それでは、だれでもできる資産運用の方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

一番いい方法はヘッジファンドでの運用です。ヘッジファンドであれば初心者の方でもプロと変わらないクオリティで資産運用を行うことができます。

 

ヘッジファンドは、投資家の代わりに資産運用することを専門にやっています。

 

投資家がヘッジファンドに出資して、それを優秀なファンドマネージャーが運用していくのです。

 

初心者の方が自分で運用するよりも、ファンドマネージャーに運用してもらう方が間違いなく高い利回りを期待できるでしょう。

 

利回り5%~10%をねらえる

ヘッジファンドのファンドマネージャーは有名な金融機関で活躍してきた人がほとんどです。

 

自分の資産運用の腕一本で独立しているわけですから、その実力は折り紙付きです。

 

ヘッジファンドで資産運用すれば利回り5%~10%も期待できるでしょう。

 

仮に1億円を5%~10%で資産運用すれば、年間500万円~1000万円の利息がつくことになります。これだけ利息があれば十分ですよね。

 

初心者が1億円を資産運用するなら迷わずヘッジファンドを選びましょう。

 

ヘッジファンドへ出資するには

それでは、ヘッジファンドへ出資するにはどうすれば良いのでしょうか。

 

ヘッジファンドはいわゆる「私募」という形式で行っており、既存顧客からの紹介が一般的です。

 

紹介してもらうのが一番ですが、それが難しい場合は直接ヘッジファンドに問い合わせるようにしましょう。ホームページから連絡できるヘッジファンドが多いですね。

 

まとめ

1億円は大金ですが、それだけでは生きていけません。効率よく資産運用して利息だけで生活できるような状態を目指しましょう。

 

時代によって資産運用の方法は変わりますが、今一番いいのはヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドで1億円を資産運用して利息生活を目指してみてはいかがでしょうか。

 

最近、注目のヘッジファンドはランキングでも紹介してますのでぜひチェックしてみて下さい。