1,000万円以上を資産運用したい初心者におすすめの運用方法ベスト3を解説!

  • 親の遺産を相続した
  • 持っていた不動産が高値で売却できた
  • 宝くじが当たった
  • コツコツと貯金して気付いたらまとまった金額になっていた

 

気付いたら1,000万円、2,000万円といったまとまった金額が手元にあった。ただ、今まで資産運用をしたこともないしどうしたらいいか分からない。

 

今回はそんな資産運用初心者のために、1,000万円以上を資産運用する方法について解説します。

 

こうき
初心者の方でも正しい選択をすれば資産運用は怖くありません。正しい方法できちんと増やしていきましょう!

 

どのような資産に投資すべきか考えよう

資産運用の方法はいくらでもある

初めて資産運用を考える人は、その投資対象の豊富さに驚かれる事でしょう。

 

  • 株式
  • アパート
  • マンション
  • FX
  • 債券
  • 外貨預金
  • 仮想通貨
  • 等々・・・

 

いったい、いくつあるんだ!という感じですよね。どれを選ぶのが正しい選択なのでしょうか?

 

結論から言いましょう。資産運用をするなら株式投資が絶対におすすめです。

 

逆に、絶対にやってはいけない資産運用の方法もあります。こちらは下記記事にて紹介してますので気になる方は読んでみて下さい。

関連記事

1,000万円ほどの資産が出来ると誰もが資産運用を考えると思います。   資産運用を始めるタイミングとしてはちょうどいいタイミングです。   ですが、今まであまり資産運用の経験がない方が安易に運用[…]

 

今回はまず株式投資が絶対におすすめな理由について見ていきましょう。

 

株式投資が絶対におすすめな理由は最も「リスク・リターン」が良いから

株式投資が絶対におすすめな理由は、リスクに対するリターンが1番大きいからです。

 

リスク?リターン?なんのこっちゃ、という話ですよね。

 

例えば、カジノにいってルーレットをする事を考えてみましょう。

 

細かいルールは色々省きまして、ルーレットではボールが入る数字を当てると36倍のリターンを得ることが出来ます。

 

仮に1,000万円を「7」という数字に1点がけして、ボールが「7」に入れば3億6,000万円になるわけです。大儲けですね。

 

では、ルーレットは良い投資と言えるでしょうか?

 

答えはもちろんNoです。なぜなら、外したら一発で掛金の1,000万円が吹っ飛んでしまうからです。

 

ルーレットは当たった時のリターンもとても大きいですが、リスクもとても高いワケです。

 

投資では損失を出さないことがとても大事

では、株式投資のリスク・リターンが良いとはどういことなのでしょうか。

 

実は、株式投資は運用のプロが投資をすれば損失をできるだけ抑えることが出来るのです。

 

そして、株式投資ではリターンは理論上、青天井です。株価の上限はありませんから、上がる時はどこまでも上がっていきます。

 

株式投資で大儲けした!という人は、こういったうなぎ登りの株式に上手く投資をしていた人たちなのです。

 

損失を投資スキルによってがんばって抑えながらリターンは大きく得られるというのが株式投資の大きな魅力です。

 

では、いよいよ初心者の方が1,000万円以上を資産運用するおすすめの方法ベスト3を解説していきます。

 

第3位「100万円から株式の運用を始めてみる」

100万円出せばほとんどの銘柄が購入できる

まずお手軽な方法としては、100万円から株式投資を始める方法があります。

 

日本の株式市場の上場銘柄数は3,500社ほどですが、100万円以上の金額が必要な銘柄は20-30個ほどしかありません。

 

そのため、100万円出せばほとんどの銘柄を購入することが出来ます。何の問題もなく株式投資を始めることが出来るでしょう。

 

100万円であれば損失を出しても勉強代で済む

初心者の方であれば、まず間違いなく損失を出してしまうでしょう。

 

ただ、100万円の投資であれば失敗したとしても損失は小さく抑えることが出来ます。

 

仮に半分になってしまったとしても損失は50万円です。50万円であれば確かに痛いですが、致命傷ではありません。

 

資産運用の世界から退場せずに続けていくことが出来るでしょう。

 

自分で勉強する熱意がスゴクある人向け

100万円で色々試行錯誤しながら、投資スキルを高めていくのは悪くない方法です。

 

ただし、勉強意欲を維持するのは非常に大変です。90%以上の人は株式投資の勉強が嫌になってしまい途中で投げ出してしまうでしょう。

 

そのため、この方法は株式投資の勉強意欲がとってもある人におすすめです。

 

第2位「バンガード・トータル・ワールド・ストックETFで1,000万円運用する」

全世界の株式に投資する

バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは世界中の株式に投資するETFです。

 

その投資先は世界47か国、8,000銘柄と多岐にわたっています。なんと世界の株式市場の時価総額の98%以上をカバーしているのです。

 

世界中の株式に投資をするという事は、細かい値動きはあまり気にする必要はありません。

 

世界の経済が成長すれば利益が出るし、世界の経済が後退すれば損失が発生する、という事になります。

 

超分散投資でリスクを抑えることが出来る

これだけ多くの銘柄に投資しているとリスクは小さくなります。

 

金融の世界ではリスクとは値動きのばらつきを言うのですが、いずれにせよ大損する可能性は小さくなります。

 

ですが、それに合わせて大儲けする可能性も小さくなります。

 

利益も小さくなるし、損失も小さくなるというのが世界中の株式に投資する特徴なのです。

 

大体2~3%くらいの利益が狙える

では、どれくらいの利回りが狙えるのでしょうか?

 

世界の経済というのは、短期的にはリーマンショックのように下落局面もあります。ですが、長期で見れば右肩上がりで成長してきました。

 

今後もこの傾向が継続するとすれば、だいたい年間2~3%くらいの利回りが狙えるでしょう。

 

投資に手間もかけたくないし、とりあえず何か投資を始めたいという人には無難な選択肢だと言えます。

 

第1位「ヘッジファンドで1,000万円を運用する」

お任せでハイクオリティな資産運用が出来る

ヘッジファンドは資産運用を専門としているプロフェッショナルです。

 

投資家から資金を預かって代わりに運用します。その運用方法も、独自の投資戦略を用いて他人が真似できないハイクオリティなものとなっています。

 

ヘッジファンドが全てやってくれますから、当然投資家自身のスキルは全く関係ありません。

 

投資初心者でも、完全にヘッジファンドにお任せでハイクオリティな資産運用をすることが出来るのです。

 

ヘッジファンドの期待利回りは5%~10%

ヘッジファンドは期待利回りも高いです。

 

もちろんファンドによって運用成績は異なりますが、ヘッジファンドでの運用はマーケット平均に打ち勝つといわれています。

 

要は、先程の世界株式のように広く分散投資するより、投資のプロが運用した方が高い利回りが期待できますよ、という事です。

 

どんな世界でもプロの方が結果を出すというのは当たり前の話ですね。

 

良いヘッジファンドであれば、5%~10%の利回りを期待してしまってもいいでしょう。

 

ヘッジファンドは1,000万円以上を投資する富裕層に特化している

また、ヘッジファンドには最低出資金額というものが設けられています。

 

これもヘッジファンドによって異なりますが、1,000万円以上の設定である事が多いです。

 

つまり、ヘッジファンドは1,000万円以上の資産を持つ富裕層に特化した資産運用を行っているのです。

 

ヘッジファンドはまとまった金額を運用するのが得意なので、投資初心者の方でも安心して1,000万円といった金額を出資することが出来ます。

 

こうき
1000万円以上を資産運用したい初心者の方にはヘッジファンドがベストです!

 

ヘッジファンドに出資する方法

ヘッジファンドは私募のため対面説明が必要

では、実際にヘッジファンドに投資するにはどうすれば良いのでしょうか?

 

ヘッジファンドでは「私募」という形式で投資家を募集しています。

 

「私募」は「公募」の投資信託とは異なり、対面にて詳細説明を聞く必要があります。

 

少し手間がかかりますが、ハイクオリティな資産運用をしたいなら一度説明を聞いて見るといいでしょう。

 

直接ヘッジファンドに問い合わせよう

どのような形でファンド説明をしているかは、ヘッジファンドによって異なります。

 

気になるヘッジファンドがあったら直接聞いてみるといいでしょう。

 

たいていは、ヘッジファンドのホームページに情報がありますので、ホームページを確認して問い合わせてみましょう。

 

下記に記載のおすすめのヘッジファンドランキングもぜひ参考にしてみて下さい。

 

初心者の方でも自分に合った正しい選択をすれば資産運用は楽しいものです。有意義な資産運用ライフを送りましょう。