まとまったお金の預け先はどこがベスト?初心者が資産運用で成功する方法

この記事を読んでもらい方は次のような人達です。

 

●資産運用をしたことが無い、もしくはほぼ初心者の方
●【1000万円~1億円】まとまったお金ができて資産運用を考えている方
●どこに資産を預けたらいいのか悩んでいる方

 

資金が少なければ少なければただただ貯金という方法もありですが、1000万円、2000万円、3000万円、1億円と資金が大きくなるにつれて預け先をどこにすればいいのか悩んでしまいますよね。

 

まとまったお金があるけど資産運用をどのように始めたらいいのか分からない、どこに資産を預けたらいいのか分からない、そんな方に向けて初心者でもできる資産運用で成功する方法を解説します。

 

初心者が資産運用で成功する秘訣とは

90%以上の個人投資家が負けている

資産運用とはそもそもどのようなものでしょうか?

 

株であればこれから成長しそうな企業の株を買って株価が上がったら売ればいいですね。そうなると、どの企業がこれから成長していくかを判断する目利き力が重要になってきます。

 

しかし、この目利き力は一朝一夕でつくものではありません。90%以上の個人投資家が何となく株を売買してしまい損失を出していきます。

 

こうき
個人で株式投資をしても90%以上の人が失敗してしまいます。

 

資産運用で成功するたった一つの法則とは

一方で、資産運用で稼ぎ続けている人達がいるのも事実です。

 

資産運用で成功するためには、たった一つ守らなければいけない法則があります。それは損失を出さないことです。

 

損失を出さないように堅実に立ち回れば収益が積み重なり、気付けば資産を築くことができます。資産運用初心者がこれを実現するためにはプロの力を借りるしかありません。

 

初心者が資産運用で成功するには運用のプロに資産を預ければいいのです。

 

それでは、どんな預け先があるのか考えてきましょう。

 

まとまったお金の預け先としての証券会社

証券会社の機能とは

 

まず真っ先に思い浮かぶのは証券会社ですね。証券会社は一見、資産運用の専門家と思われがちですがそうではありません。

 

証券会社の本質は、営業です。資産運用の力はありません。

 

あなたが証券会社にまとまったお金を預けた時、営業マンから電話がかかってくるでしょう。しかし、営業マンは顧客に株式を売るプロなのであって、資産運用のプロではありません。

 

イチバン誤解しやすいポイントなので注意して下さい。

 

証券会社が資産運用のプロでない証拠とは

証券会社がどうやって利益を上げているのか考えてみましょう。そうすると自ずと、証券会社が資産運用のプロではないことがわかってきます。

 

証券会社のメインの収入は売買手数料です。投資家が株を買ったり売ったりした時に手数料が発生します。

 

投資家が株を買ったり売ったりするほど儲かるのです。資産運用が上手くいこうが失敗しようが証券会社側には何の痛みもありません。

 

つまり、どこまでいっても証券会社の本質は営業なのです。

 

まとまったお金の預け先として、証券会社は全くおすすめできません。預けないようにしましょう。

 

証券会社
とにかくウチ(証券会社)を通して株を買ってほしい!投資家が損しても関係ない!
こうき
運用成果にコミットしない会社に大切な資金は預けないようにしましょう!

 

銀行は資産運用のプロと呼べるのか?

銀行は本業で稼げなくなった

続いて、まとまったお金の預け先として銀行はどうでしょうか。もちろん預金という意味では何の問題もありませんね。

 

他にも、定期預金など元本保証の商品を希望するなら銀行に預けても問題ないでしょう。

 

ですが、最近では銀行でも金融商品が販売されています。なぜなら、低金利時代に入りこれまでの本業で稼げなくなったからです。

 

以前は、一般の人から預かったお金を元手に企業に貸し出しを行いその利息で利益を得ていました。しかし、利息がほとんど取れない時代になってしまったので銀行も生き残るために金融商品を販売せざるを得なくなったのです。

 

こうき
銀行での預金は問題ありません。ですが銀行での資産運用はおすすめできません!

 

銀行が儲けるための投資信託販売

銀行から資産運用の案内電話がかかってきた経験がある人は多いのではないでしょうか。

 

利息が小さくなったため銀行は本業で稼げなくなりました。地方銀行ではつぶれるんじゃないかと言われる銀行もあるほどです。

 

そこで、力を入れ始めたのが投資信託などの金融商品の販売です。銀行も証券会社と同じように投資信託の販売手数料で儲けています。運用で投資家に利益が出ようが出まいが銀行はおかまいなしです。

 

投資家に利益が出なくてもいいと思っている銀行から商品をおすすめされても・・・って感じですよね!

 

まとまったお金の預け先として銀行は選ばないようにしましょう。

 

銀行
今は利息で稼げない時代。銀行が生き残るために投資信託を販売しなければ!
こうき
投資家の利益を考えない銀行に、大切なお金は預けないようにしましょう!

 

【1000万円~1億円】まとまったお金の預け先はヘッジファンドがベスト

絶対に必要な条件は成功報酬

では、いったいどこに預ければいいのでしょうか。絶対に必要な条件を考えてみましょう。

 

「販売するだけで終わるんじゃなくて運用の成果にもコミットしてくれる」

 

ずばりこれですね!運用が上手くいけば手数料を多く払うけど、運用が上手くいかなかったら手数料が安くなる、そんな報酬体系です。

 

つまり、いわゆる成功報酬を採用している会社に預ければいいのです。

 

こうき
成功報酬を採用しているヘッジファンドはまさに資産運用のプロフェッショナルです!

 

ヘッジファンドがベストな預け先である3つの理由

成功報酬を導入している資産運用のプロ筆頭はヘッジファンドです。

 

あなたが資産運用の初心者で、まとまったお金をどこかに預けたいと考えているなら迷わずヘッジファンドを選びましょう。

 

ヘッジファンドは他とは一線を画したプロフェッショナル集団です。

 

①富裕層向けのハイクオリティなサービス
②専門性の高い投資戦略
③成功報酬による運用成果へのコミット

 

どんなヘッジファンドであっても数々の実績を持っている人がファンドマネージャーをつとめています。その辺の一般的な商品とは全く別物のサービスを受けることができます。

 

そして、そんなプロであるファンドマネージャーが成功報酬があることで死に物狂いで運用してくれます。この熱意の差はかけがえのないものでしょう。

 

ヘッジファンドの運用を未体験の方はぜひトライしてみて下さい。

 

こうき
成功報酬があるため、投資家と利益が一致しているヘッジファンドは信頼できます!

 

ヘッジファンドで資産運用するには

ヘッジファンドは私募ファンドであり、投資信託のようにインターネット上で購入することはできません。

 

ヘッジファンドに直接会って詳細説明を聞く必要があります。

 

面談の申し込みまではインターネット上からできるところが多いので、ヘッジファンドを検討の人はホームページから申し込んでみましょう。

 

おすすめヘッジファンドを下のランキングで紹介していますのでぜひ参考にしてみて下さい。