新興国株式ヘッジファンドランキング

こうき
日本株では実現できない高利回り、ハイリターンを狙いたい人向けのランキングです。

 

こちらでは新興国に投資をしてハイリターンを狙いたい人向けのランキングを紹介します!

 

第1位 フロンティアキャピタル

Frontier Capital(フロンティアキャピタル)
5

日本で唯一イラン株に投資するヘッジファンド。まだ成長余力が大きく残されている新興国への投資を通じて、2倍、3倍といった大きなリターンが狙える。一般の人が参入していない早期より投資することで先行者利益が期待できる。

期待リターン

急成長が見込める新興国への投資で2倍、3倍といった大きなリターンを狙える、日本株では実現しにくい高リターンが魅力

運用のクオリティ

日本で唯一フロンティアキャピタルのみがイランへの投資を行っており独創性が非常に高い

信頼できるか

東大卒と確かなバックグラウンドがあり運用実績も残しているため安心して資産運用を任せられる

将来性

参入している投資家の数が少なく大変魅力的な株式市場、新興国ならではの爆発的な成長が期待できる

期待リターン 4.8
運用のクオリティ 4.9
信頼できるか 5.0
将来性 4.9
総合 4.9

 

他の追随を許さない圧倒的な成長率

新興国投資の中でも圧倒的に一番のおすすめはフロンティアキャピタルです。

 

なぜなら、フロンティアキャピタルは日本で唯一イランの株式市場へ投資を行っているヘッジファンドであり、イラン株式市場はとても大きなリターンを狙える市場だからです。

 

イランの株式市場は近年すさまじい勢いで成長しており、爆発的な成長が期待できます。2019年~2020年7月にかけての約1年半でなんと10倍以上に急上昇しているのです。

 

 

約1年半で10倍の成長です。イラン株式市場にはとてつもない可能性が秘められていることが分かりますね!

 

そして、イラン株式市場の成長はまだまだこれでは終わりません。この成長というのはあくまで国内の株式需要が増加したため発生しました。

 

イランに住んでいるイラン人の中で株式投資ブームが発生しており上昇しているのです。

 

まだ外国からの資本は全くといっていいほど流入していませんし、イランが経済成長していけば株式市場はさらに成長していきます。

 

つまり、イラン株式市場にはまだまだ成長余力が大きく残されているのです!

 

こうき
現在の10倍もの成長はイランの国内需要によって実現しています。海外からの資金流入や経済成長によってさらに爆発的な成長が期待できます!

 

地球に残された最後の黄金卿

株式は当然ですが買う人が増えれば増えるほど値上がっていきます。イランはまだ外国人にとってメジャーな投資先ではありません。しかし、国際政治情勢が安定化し市場にアクセスしやすくなれば、一般の人でもイラン株式に投資ができるようになります。

 

そして、一般の人たちが投資を始めるタイミングは資金が一気に流入するので、最も値上がりしやすいタイミングとなります。

 

そこで、その前に、一般の人達よりも先行してイラン株投資を始めておくことで爆発的な値上がり益を狙えるのです。

 

早く投資すればするほど、イラン株式市場からは大きなリターンが期待できます!5倍、10倍といったリターンも夢ではありません。

 

新興国株式投資をしたいなら、あらゆる点から見てイラン株式市場がベストです。まさにイラン株式市場は地球に残された最後の黄金卿といえるでしょう。

 

誰もやった事のない全く新しいイラン株式投資をぜひ始めてみて下さい!

 

イラン株式投資を始めるには、まずフロンティアキャピタルに連絡して詳細説明を聞く必要があります。少しでも気になる方は下記HPより問い合わせてみて下さい。

 

 

第2位 eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
2.8

MSCI エマージング・マーケット・インデックスに連動するインデックスファンド。
新興国向けの標準的なインデックスファンドだが手数料は業界最低水準となっている。

期待リターン

広く分散投資をしているため収益はやや限定的となる

運用のクオリティ

標準的なMSCI・エマージング・マーケット・インデックスに連動する運用を行っている

信頼できるか

インデックス投資のため運用者のモチベーションは関係なくマーケットの動向次第

将来性

マイナスの瞬間も動じず長期で保有できればリターンが期待できる

期待リターン 2.6
運用のクオリティ 3.0
信頼できるか 2.2
将来性 3.4
総合 2.8

 

eMAXIS Slim 新興国株式インデックスは新興国に広く投資するインデックスファンドです。

 

こちらのおすすめポイントは、なんといっても手数料の安さです。ノーロード投信のため購入時手数料は無料です。

 

初期投資で大きなコストをかけることなく投資を始めることができます。

 

さらに信託報酬も年率0.2079%(税抜 年率0.189%)以内と業界最低水準の価格となっています。

 

あくまでもインデックスファンドのため投資先が分散しており、また中国・台湾・韓国の3か国で50%以上の割合を占めてしまうのが難点です。

 

(出典:https://emaxis.jp/pdf/web/viewer.html?file=/pdf/koumokuromi/252878/252878_20190725.pdf)

 

ですが、手数料が安く気軽に始められるので、とりあえず新興国に投資をしたい人におすすめできるファンドとなっています!

 

第3位 DIAMベトナム株式ファンド

DIAMベトナム株式ファンド
2.7

ベトナムの有力企業に投資する株式ファンド。ベトナムはフロンティアに分類される、伸びしろが非常に大きい新興国である。
人口は毎年1%程度増加しており、都市化も進んでいる。生産年齢人口の割合も多くこれからの急成長に期待できる。

期待リターン

ベトナムの経済成長に合わせて大きな収益が期待できる

運用のクオリティ

株式市場全体ではなく成長企業に集中した投資を実践している

信頼できるか

ファンドマネージャーが表に出ておらず運用のモチベーションはやや不安

将来性

人口が増加し続けているベトナムには経済・金融市場共に期待が出来る

期待リターン 2.9
運用のクオリティ 2.8
信頼できるか 1.8
将来性 3.3
総合 2.7

 

第三位はDIAMベトナム株式ファンドです。

 

東南アジアの中でも、人口が増加し続けているベトナムは次なる経済成長が狙える国として注目されています。

 

経済成長には人口は欠かせない要素となっており、『人口増加 → 経済成長 → 株価上昇』の流れは信頼できる法則となっています。

 

(出典:https://ecodb.net/country/VN/)

 

このようにベトナムの人口とGDPは増え続けています。そのため、今後の株価上昇にも大いに期待できます。

 

新興国投資で重要なポイントは分散し過ぎないことです。あえてある程度のリスクを取りに行くことで大きなリターンを狙うのです。

 

インデックスファンドのように広く浅く投資をするのではなく、ベトナムという1国に絞って投資をしたい人におすすめです。