LET'S START

運用のプロによる資産運用解説

資産運用で1,000万円を1億円に!?

誰でも億万長者になるのは簡単!資産運用しよう!ただそれだけだ!

 

実はみんながコッソリ始めている資産運用

日本人は資産運用に対して保守的だと言われます。

資産の大部分を預金にしていて、世界的に見ても預金大好きなお国柄です。

 

また、日本の文化的にもお金の話を公の場でするのは良くない事だとされています。

そのため資産運用の話を耳にする機会もあまり多くないですよね。

 

ですが、時代の流れを受けてこっそり資産運用を始める人は急激に増えています。

実はみんなコソコソ資産運用を始めているのです。

 

気付いたら資産運用をやっていないのは自分だけだった!なんてことにならないように気を付けましょう。

 

こうき
最近は日本でも資産運用するのが当たり前になってきましたね!

 

時間をかけることによる資産運用の効果とは

資産運用とは時間をかけてゆっくり資産を増やしていくものです。

1年や2年で増やそうとするのは投資ではなくギャンブルです。

少なくとも5年以上は運用することを考えて取り組むようにしましょう。

 

そうすると驚くほどの効果を生みます。

例えば、1,000万円を35歳から年金がもらえる65歳まで30年間運用したとしましょう。

 

運用なし 3% 5% 10%
1年後 1,000万円 1,030万円 1,050万円 1,100万円
3年後 1,000万円 1,092万円 1,157万円 1,331万円
5年後 1,000万円 1,159万円 1,276万円 1,610万円
10年後 1,000万円 1,343万円 1,628万円 2,593万円
20年後 1,000万円 1,806万円 2,653万円 6,727万円
30年後 1,000万円 2,427万円 4,321万円 1億7,449万円

 

資産運用をしなかった場合は、1,000万円はいつまでたっても1,000万円のままです。

 

しかし、1,000万円を年利10%で運用し続けたらなんと1億7,449万円です。

1,000万円を貯める事は誰にでも出来ます。あとは資産運用をするだけで簡単に億万長者になれてしまうのです。

 

つまり、資産運用は絶対にやるべきなのです。

 

こうき
資産運用をするかどうかで1億円以上の差が生まれます。資産運用しない理由はないのではないでしょうか?

 

今や将来設計のために資産運用は不可欠!

政府の『貯蓄から投資へ』のスローガンにもあるように、投資をするのが当たり前の世の中になってきました。昔であればわざわざ投資をしなくても銀行に普通預金をしておけば高い金利が付きました。

 

しかし、令和の時代の今や大手銀行の普通預金金利は0.001%と極端に低くなっています。さらに、年金の受給開始年齢も65歳からに引き上げられています。

 

今までのように預金をしておけば将来は年金で悠々自適に暮らせるでしょうか?残念ながらその答えはNoと言わざるを得ません。

 

預金だけに頼ったり、政府任せにせず自分たちの手で資産形成をしていかなければならないのです。

 

こうき
老後を安心して過ごすためには年金だけでは足りません!あらかじめ資産運用をして資産形成しておきましょう!

 

さらに、この流れは少子高齢化によりどんどん加速するでしょう。

 

今、大人として働ている世代はまだしも、これからを生き抜く子供達の世代はどうなるでしょうか?もっと厳しい状況になっていく事は想像に難くありません。

 

自分達の生活を守るのはもちろんんこと、出来れば将来を生き抜く子供達にも何か一つ残してあげたいですよね。

 

安心して幸せな生活を送るためにも、子供達の将来のためにも、一度真剣に資産運用に取り組んでみましょう。

 

こうき
自分達の老後資金、子供に財産を残してあげたい、そのためには資産運用が不可欠です!

 

どうやって資産運用していけばいいの?

それでは、具体的にはどのように資産運用していけばいいのでしょうか?これは、資産運用に対するスタンスで大きく変わってきます。

 

投資家
自分で株を選んで投資を行っていきたい
投資家
資産運用に割く時間がないので人に任せたい
投資家
自分で運用する勇気はないのでプロの力を借りたい

 

結論から言うと「自分でやりたい」という人以外は、資産運用のプロに任せてしまうのが一番良いです。

 

なぜなら、資産運用を自分で行い成功するのはけっこう大変だからです。少なくとも次のような事柄を満たしている必要があります。。

 

株式投資実践に必要な項目
●1日、少なくとも2時間以上を株式投資の勉強や企業研究にあてられる
●会計知識があり企業の財務諸表を分析できる
●感情的にならずに合理的に意思決定できる
●自分の策定した投資プランに従って売買ができる
●含み損が出ても気にならない

 

これらを実行できる人は稀有です。ほとんどいません。一部の運用に情熱がある人を除いて、普通の人は迷わずプロに任せる方法を選びましょう。

 

こうき
特別な情熱がないと資産運用で成功することは出来ません。運用のプロに任せましょう!

 

資産運用のプロ「ヘッジファンド」に依頼しよう!

では、資産運用のプロとはどのような人達でしょうか?

 

銀行?証券会社?

 

・・・いいえ、彼らは資産運用のプロではありません。金融商品を販売するプロです。

 

よく勘違いされるポイントですが、金融業界に身を置いていた私の経験から断言できます。なぜなら銀行や証券会社は販売手数料で利益を上げているからです。資産運用の成果から収入を得ている訳ではないので、運用成果が良かろうと悪かろうと彼らには何の関係もないのです。

 

こうき
銀行や証券会社は販売手数料で利益を得ているので、あくまで販売のプロです。

 

では、本当の資産運用のプロとはどんな人たちでしょうか?それはヘッジファンドです。

 

ヘッジファンドは、資産運用の成果に応じて報酬を得られる成果報酬を採用しています。つまり、運用成果が良ければヘッジファンドの報酬も増えますし、逆に運用成果が悪ければ報酬も大幅に減ってしまうのです。

 

ヘッジファンドの利益は資産運用の成果に連動していることから、ヘッジファンドは資産運用のプロだと言えます。

 

資産運用で成果を出したいならヘッジファンドに依頼するようにしましょう!

 

こうき
資産運用の成果にコミットするのがヘッジファンドです。まさに資産運用のプロだと言えます!

 

とは言え、ヘッジファンドってどんなものがあるのか分からないという人も多いと思います。

 

個別のヘッジファンドも紹介していきますので良ければ参考にしてみて下さい。

 

投資先を探したい方はコチラ

1000万円以上を資産運用するなら!『ヘッジファンド』を選べば間違いない!

ヘッジファンドのおすすめランキングBEST3

こうき
ヘッジファンドを上手く活用して安定した資産を築きましょう!

 

ヘッジファンドは高い専門性を持った資産運用のプロですが、もちろんヘッジファンドの中でも良い悪いはあります。

 

どんなヘッジファンドがあるのか分からないという方は「プロが選ぶ日本のおすすめヘッジファンドランキングBEST3」をぜひ参考にしてみて下さい。

 


 

1位だけ抜粋して軽くご紹介すると、今おすすめしたいヘッジファンドはBM CAPITAL(BM キャピタル)です。

 

BM CAPITAL(BMキャピタル)は日本株に投資を行い、長期的に安定して利回り平均10%以上を実現しています。何といっても損失を出したことが無く資産を守りながら増やせるのが一番の特徴です。

 

BM CAPITAL(ビーエムキャピタル)
5

国内ヘッジファンドの雄。利回り平均10%以上と安定して利益を創出している。マイナスになった年がなく、資産を守ることを信条としているので投資初心者も安心して投資できる。ヘッジファンドに迷ったらBM CAPITALを選べばまず間違いない。

期待リターン

平均10%以上と非常に高い、マイナスになった年がなく安定して利益を出している点も大きな魅力

運用のクオリティ

王道のバリュー投資をベースにモノ言う株主としても活躍し、最新のハイクオリティな資産運用を実践している

信頼できるか

ファンドマネージャーは東大卒・外資系投資銀行出身のエリート、運用実績も申し分なく安心して運用を任せられる

将来性

8年以上の運用実績があり運用資産は増加し続けている、投資家からの人気も年々増しており更なる飛躍に期待できる

期待リターン 5.0
運用のクオリティ 4.9
信頼できるか 5.0
将来性 4.9
総合 5.0

 

BMキャピタルについて詳しくは下記の記事にて解説しておりますので、ぜひそちらも確認してみて下さい。

 

関連記事

最近は、日本においても個人投資家向けのヘッジファンドが活躍していますね。   その中でも特に名前を良く聞くBMキャピタルについて、みなさま色々気になることも多いと思います。   投資家 […]

 

ヘッジファンドで資産運用する方法

ヘッジファンドは「私募」と言われる方法で投資家を募集しており、ファンドと直接対面して詳細説明を聞く必要があります。

 

もし、知り合いにすでにヘッジファンドに投資している人がいれば紹介してもらうことができますが、多くの人にとってこの方法は現実的ではありません。

 

では、どうすれば良いかというと、ヘッジファンドのホームページから問い合わせを行い面談の場を設けてもらう必要があります。

 

その面談にて資産運用の内容や出資の条件など気になる点を確認してみましょう。ヘッジファンドの説明を聞くだけでしたら特に構える必要はありませんので気軽に問い合わせてみる事をおすすめします。

 

こうき
ヘッジファンドで資産運用するには、まずヘッジファンドのホームページから問い合わせてみましょう。

 

人気記事ランキング

カテゴリ別最新記事